コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慣れる/馴れる ナレル

デジタル大辞泉の解説

な・れる【慣れる/×馴れる】

[動ラ下一][文]な・る[ラ下二]
その状態に長く置かれたり、たびたびそれを経験したりして、違和感がなくなる。通常のこととして受け入れられるようになる。「その土地の気候に―・れる」「移動する車中での睡眠に―・れる」「彼女の気まぐれにはもう―・れた」「住み―・れる」
経験を重ねて、そのことがうまくできるようになる。習熟する。「患者の扱いに―・れる」「―・れた手つき」「旅―・れる」
道具などが、からだになじむ。「―・れた靴で出かける」「―・れた万年筆で書く」
(馴れる)
㋐その人に対して、違和感がなくなる。その人に親しみの気持ちをもつようになる。「子供が家庭教師に―・れる」「新しい上司に―・れる」
㋑動物が、人間に対して、警戒心などを抱かなくなる。「人に―・れない

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

慣れる/馴れるの関連キーワード興南・我喜屋優監督の語録飲み付ける・飲付ける書き付ける・書付ける書き慣れる・書慣れる模擬面接(面接対策)耳慣れる・耳馴れる栄耀に餅の皮を剥く底なしダイビングシャドーイング慣らす・馴らすフリック入力白衣性高血圧土蛍の洞窟目馴れる呼付ける暑熱順化吸付ける聞付ける居馴染む来慣れる

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android