コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶長遣欧使節 けいちょうけんおうしせつ

5件 の用語解説(慶長遣欧使節の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慶長遣欧使節
けいちょうけんおうしせつ

江戸時代初期,仙台藩主伊達政宗スペインローマへ派遣した使者。正使は家臣支倉常長。慶長 18 (1613) 年 L.ソテロを案内役として総勢約 200名 (使節の一行は常長以下 68名) が陸奥国牡鹿郡月浦から出発した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けいちょう‐けんおうしせつ〔ケイチヤウ‐〕【慶長遣欧使節】

慶長18年(1613)仙台藩主伊達政宗が家臣の支倉常長(はせくらつねなが)ローマ教皇庁に派遣した使節。日本を出発し、メキシコを経てイスパニアに至り国王フェリペ3世に謁見、さらにローマに至り教皇パウロ5世に拝謁した。支倉は元和6年(1620)に帰国。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

慶長遣欧使節【けいちょうけんおうしせつ】

1613年(慶長18年)伊達政宗支倉(はせくら)常長を使者としてローマに派遣した使節。野心的なフランシスコ会宣教師ルイス・ソテロの勧めに基づいて計画され,ソテロ,ビスカイノら180余名を乗せた日本船で牡鹿(おしか)半島月ノ浦から出発。
→関連項目アカプルコ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

けいちょうけんおうしせつ【慶長遣欧使節】

1613年(慶長18)伊達政宗が、メキシコとの通商関係の樹立と仙台領に司教座を設置することを求めて、イスパニア国王・ローマ教皇のもとに派遣した使節。使節に選ばれた家臣支倉常長は、宣教師ルイス=ソテロとともに西洋型帆船に乗り組み、メキシコを経てイスパニアに渡り、国王に謁し、さらにローマに入って教皇に拝謁したが、幕府の禁教令発布により、目的を達せず、1620年帰仙した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

慶長遣欧使節
けいちょうけんおうしせつ

慶長(けいちょう)・元和(げんな)年間に伊達政宗(だてまさむね)の家臣支倉常長(はせくらつねなが)(六右衛門)とフランシスコ会司祭ルイス・ソテロらがスペインを経てローマ教皇庁に派遣された使節。この使節の訪欧行については、ヨーロッパに多くの史料があり、また伊達家には使節招来の遺品が数々伝えられてなんら疑いの余地がないが、使節派遣がなんの目的でだれによって企てられたかは不明瞭(ふめいりょう)であり、史家の説はかならずしも一致していない。伊達政宗がその家臣支倉常長をローマに遣わしたことは、教皇にあてた政宗の書状などが現存していて動かしがたいが、伊達家には当時、太平洋を横断できる船をつくる技術団はおらず、また政宗はその書状に宣教師の派遣を請うと記しているが、使節が船出する前年から徳川幕府はキリシタンの迫害を開始していたから政宗は幕府の意に背いたことになる。それらの不可解な問題は、本使節行は元来、徳川家康と幕府が日本人をして日本船で太平洋を渡らせようと企てたことに発し、幕府の造船技術団を奥州に派遣し、伊達政宗に命じてこの事業をなさしめたとみなすことでいちおう解明できるが、史料の欠如と混乱からそれを断定できない。ともかく支倉とソテロおよび随員らは、1613年(慶長18)日本船で牡鹿(おしか)半島月浦(つきのうら)を出、ノビスパニア(メキシコ)を経由してスペインに至り、フェリペ3世に謁し、さらにローマに達し、1615年(元和1)教皇パウルス5世に謁見を賜り、帰路についた。支倉常長は1620年仙台に帰り、ソテロは1622年マニラから日本に潜入したが、2年後に大村(肥前)で処刑された。仙台藩ではキリシタン宗門に対し迫害を開始していたから、本使節はほとんど無意義なものとなった。2013年(平成25)、「慶長遣欧使節関係資料」(「ローマ市公民権証書」「支倉常長像」「ローマ教皇パウロ5世像」の3点)がユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界記憶遺産(現、世界の記憶)に登録された。[松田毅一]
『L・ペレス著、野間一正訳『ベアト・ルイス・ソテーロ伝』(1968・東海大学出版会) ▽松田毅一著『慶長遣欧使節――日本人初の太平洋横断』(1969・新人物往来社) ▽高橋由貴彦著『ローマへの遠い旅』(1981・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の慶長遣欧使節の言及

【支倉常長】より

…伊達政宗の臣下で慶長遣欧使節の正使。与市,五郎左衛門,のちに六右衛門常長または長経とも称する。…

※「慶長遣欧使節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

慶長遣欧使節の関連キーワード梶井宮尭胤ウェルスアントニヌスピウスしんあさひ風車村藤樹の里あどがわマキノ追坂峠ViVi自治体広報紙への広告掲載片山辰世デンマーク温血種 (Danish Warmblood)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

慶長遣欧使節の関連情報