コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成帯土壌 せいたいどじょう zonal soil

3件 の用語解説(成帯土壌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成帯土壌
せいたいどじょう
zonal soil

気候帯と自然植生帯が一致した,帯状に分布する土壌。乾燥した砂漠地帯の砂漠土,灰色土から,半乾燥草原地帯のチェルノゼム栗色土,湿潤地域では寒冷地の針葉樹林下のポドゾル,温帯の褐色森林土亜熱帯赤色土,熱帯のラトソル (ラテライト) と分類される土壌型がそれにあたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

成帯土壌

よく発達し排水の良い土壌で,ゆるい起伏のある山地に形成され,土壌を作る気候および植生の要素によって決められるのが特徴である.成帯土壌はペダルファ(pedalfer)とペドカル(pedocal)の二つの主な群に分けられる.広域的な土壌図は成帯土壌の分布が基礎になっており,世界の気候の境界に大体従っている[Sibirtzev : 1898, Townsend : 1973].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せいたいどじょう【成帯土壌】

気候・植生の影響を強く受けて生成され、ほぼ東西に帯状に連なって分布する土壌。ポドゾル・チェルノーゼム・ラテライトなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成帯土壌の関連キーワード沖積土奮い起すメソティルインセプティソルカルシモルフィック土壌クリープ土壌凍結土壌非成帯性土壌ペドカル未熟土

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone