コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴八鶴次郎 ツルハチツルジロウ

デジタル大辞泉プラスの解説

鶴八鶴次郎

1956年公開の日本映画。監督:大曾根辰保、原作:川口松太郎、脚色:井手雅人、撮影:石本秀雄。出演:高田浩吉淡島千景、石浜朗、小山明子、山村聡、多々良純、坂東簑助ほか。第7回ブルーリボン賞助演男優賞(多々良純)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つるはちつるじろう【鶴八鶴次郎】

川口松太郎作の短編小説。《オール読物》1934年10月号に発表。翌年発表の小説《風流深川唄》などとあわせて第1回直木賞を受賞した作者の出世作である。新内(しんない)の若手の名手・名コンビといわれた三味線ひき鶴八と太夫の鶴次郎は先代鶴賀(つるが)鶴八の娘と弟子で,芸熱心からけんかが絶えなかったが,互いに好意をもっていた。ところがようやく結婚という直前にふとしたことから誤解が生じ,けんか別れをし,鶴八は料理屋へ嫁ぐ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶴八鶴次郎
つるはちつるじろう

川口松太郎の新派戯曲。原作は1934年(昭和9)10月号の『オール読物』に載った小説で、翌年第1回の直木賞を受賞したものを作者自ら脚色し、38年1月東京・明治座初演。新内の太夫(たゆう)鶴次郎と三味線弾きの鶴八は相愛の仲だが、ささいなことから喧嘩(けんか)別れをし、鶴八は料亭の女房に納まる。名人会でふたたびコンビを組むと鶴八は芸道復帰を思い立つが、鶴次郎は女の幸せを思ってわざと芸のうえの喧嘩をふっかけて鶴八の夢を打ち砕き、放浪の生活に戻る。江戸気質(かたぎ)の新内語りという材料のおもしろさ、テンポのある芝居運びなどが大衆の心をとらえ、花柳(はなやぎ)章太郎と水谷八重子のコンビの代表的な演目であった。[土岐迪子]
『『鶴八鶴次郎』(中公文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鶴八鶴次郎の言及

【成瀬巳喜男】より

…同期の小津安二郎ほどの厳密さはないが,固定画面を多用し,日本建築の廊下や縁側にたたずむ人物たちから抑制の利いた抒情性を引き出したその空間感覚によって世界的に評価されるに至る。《妻よ薔薇のやうに》(1935)での女性像(千葉早智子)の鮮やかさは,《鶴八鶴次郎》(1938)の山田五十鈴,《めし》(1951)の原節子などにうけつがれ,《稲妻》(1952)に始まる高峰秀子とのコンビを決定的なものにする。林芙美子原作の《浮雲》(1955。…

【花柳章太郎】より

水谷八重子と共演した男役にも傑作が多い。当り役としては《滝の白糸》《遊女夕霧》《歌行灯》《鶴八鶴次郎》《佃(つくだ)の渡し》等の演目の主役があり,花柳十種を自選した。趣味ゆたかで衣装のくふうは天才的だった。…

※「鶴八鶴次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鶴八鶴次郎の関連キーワード水谷 八重子(1代目)水谷 八重子(初代)川口 松太郎成瀬 巳喜男長谷川 一夫加納 英二郎花柳 章太郎清水 三重三蒔村三枝子花柳章太郎村田 正雄藤村 秀夫菅原 謙次水谷八重子大矢市次郎飯田 信夫成瀬巳喜男春本 泰男清水三重三山田五十鈴

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android