コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦争犠牲者援護 せんそうぎせいしゃえんご

世界大百科事典 第2版の解説

せんそうぎせいしゃえんご【戦争犠牲者援護】

恩給法をはじめ戦傷病者戦没者遺族等援護法戦傷病者特別援護法など戦争犠牲者を国家補償の精神に基づいて援護する制度。明治初期から存続した軍人恩給は第2次大戦後の占領軍指令に基づく勅令68号(1946年1月公布)により廃止されたが,サンフランシスコ条約(1951締結)発効を契機に戦傷病者戦没者遺族等援護法が制定された(1952公布)。軍人恩給の復活(1953)により軍人とその遺族は恩給法の対象に移行し,援護法の対象は,軍属と準軍属(旧軍部内の雇傭人,満鉄職員,動員学徒,徴用工,防空監視隊員等ならびにその遺族)に拡大され,20回に及ぶ改正の積重ねによりその給付内容,公務の対象範囲,遺族の範囲が改善された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

戦争犠牲者援護の関連キーワード社会保障法社会保障費社会保障額田 坦社会福祉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戦争犠牲者援護の関連情報