コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扁桃肥大(口蓋扁桃肥大) へんとうひだいこうがいへんとうひだい Tonsillar Hypertrophy

2件 の用語解説(扁桃肥大(口蓋扁桃肥大)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

へんとうひだいこうがいへんとうひだい【扁桃肥大(口蓋扁桃肥大) Tonsillar Hypertrophy】

[どんな病気か]
 口を大きくあけたときに、のどの奥の両わきから飛び出しているように見えるリンパ組織のかたまりが、口蓋扁桃(こうがいへんとう)です。
 のどのまわりには、ほかに咽頭扁桃(いんとうへんとう)(アデノイド)や耳管扁桃(じかんへんとう)、舌扁桃(ぜつへんとう)などの多くの扁桃組織がありますが、一般に「扁桃」といったときには口蓋扁桃のことを指し、扁桃肥大は、口蓋扁桃が大きくなった状態をいいます。
 肥大の程度によって、わずかに突出するⅠ度肥大、左右の口蓋扁桃が中央で接しているⅢ度肥大、その中間のⅡ度肥大に分類されます(図「扁桃の肥大度」)。
 子どもは、もともと口蓋扁桃がある程度大きいのが自然で、通常3~6歳ごろにその大きさのピークを迎え、その後、徐々に萎縮(いしゅく)して、小さくなっていきます。
 口蓋扁桃肥大のある子どもは、同時に咽頭扁桃(アデノイド)も大きくなっていることが多いようです。
[原因]
 口蓋扁桃が肥大する原因には、生まれつきもっている子どもの体質が関係していると考えられるほか、口蓋扁桃の炎症を何回もくり返すことで、より大きく肥大する傾向もあるようです。
[症状]
 子どもは、通常、口蓋扁桃がある程度大きいのがあたりまえですが、それがⅡ度からⅢ度肥大にまで大きくなると、いろいろな症状がおこってくる可能性があります。
 1つには、空気の通り道が狭くなって、十分な呼吸ができなくなることがあげられます。
 口蓋扁桃が大きい子どもは、同時に咽頭扁桃も大きいことが多く、そのため、鼻からも口からも十分な呼吸ができず、睡眠中に大きないびきをかいたり、ひどくなると呼吸がつまってしまう睡眠時無呼吸をおこすこともあります(アデノイド増殖症(ぞうしょくしょう)(「アデノイド増殖症(腺様増殖症/アデノイド/咽頭扁桃肥大症)」))。
 もう1つ、口蓋扁桃が大きいためにおこってくる症状として、食事の際に食べ物の飲み込みが悪くなることが考えられます。大きな食物が飲み込めず、少しずつしか食べられないために、ふつうの子どもよりも食事に時間がかかります。
 また、炎症をくり返すために肥大が顕著になる傾向もあるので、扁桃肥大があれば、扁桃の炎症をくり返している可能性について、これまでの症状を一度、検討してみる必要があります。
 もちろん、炎症をともなわない口蓋扁桃肥大も数多くあるので、単純に肥大と炎症を結びつけることはできず、仮に扁桃肥大があっても、呼吸や食べ物の飲み込みに支障がなく、とくに扁桃炎もくり返さなければ、口蓋扁桃が自然に萎縮して小さくなる年齢まで、そのまま経過をみてかまいません。
[検査と診断]
 口蓋扁桃の肥大の程度は、口の中をのぞくだけで簡単に見分けられますが、見える部分の口蓋扁桃の大きさはあまり目立たなくても、舌の陰に隠れた口蓋扁桃の下極の部分が、喉頭(こうとう)に向かって大きく肥大していることもあるので、口蓋扁桃肥大と思われる症状があるときは、耳鼻咽喉科(じびいんこうか)の診察を受けたほうが安心です。
 また、慢性扁桃炎(「慢性扁桃炎」)が扁桃肥大に関係していることもあるので、扁桃の細菌検査も必要でしょう。
[治療]
 症状が高度で、日常生活に支障をきたすようであれば、手術を考えることになります。
 口蓋扁桃の手術は、ごくふつうに行なわれる手術で、特別危険な手術というわけではありません。しかし、口蓋扁桃肥大は、ある程度の年齢に達すれば、萎縮して小さくなり、自然に治ってしまうので、子どもの年齢や、手術によって得られる利益と、手術にともなう危険性などをよく考えて行なうかどうかを決める必要があります。
 一般的にいえば、低年齢で(4~5歳以下)扁桃肥大の症状が現われた場合は、その後も長い間、症状が続く可能性が高く、積極的に手術を行なうほうが望ましいと考えられます。
 呼吸症状に咽頭扁桃(アデノイド)の影響が関与している場合は、口蓋扁桃と咽頭扁桃の両方の手術を同時に行なう必要があります。

へんとうひだいこうがいへんとうひだい【扁桃肥大(口蓋扁桃肥大) Tonsillar Hypertrophy】

[どんな病気か]
 扁桃(口蓋扁桃(こうがいへんとう))が病的に肥大した状態です。扁桃の大きさは、その程度によりⅠ度からⅢ度に分類されます。Ⅰ度は扁桃が後口蓋弓(こうこうがいきゅう)の線をわずかに越えるもの、Ⅲ度は左右の扁桃が正中(中央)線で接するもの、Ⅱ度はその中間にあるものをいいます(図「扁桃の肥大度」)。
 子どもの扁桃は、成長とともに肥大が進み、6~7歳でピークに達し、その後退縮し、成人の多くはⅠ度の大きさになります。したがって子どもの扁桃は、多くが肥大していますが、症状がなければ治療の必要はありません。
[症状]
 睡眠中のいびきが激しく、無呼吸発作(一過性に呼吸が止まること)をともないます。このために睡眠が浅く、夜泣きや夜尿(やにょう)がおこり、日中もウトウトしたり、注意力も散漫となります。呼吸障害が強くなると、陥没呼吸(かんぼつこきゅう)(呼吸の際の胸のへこみ)、胸郭(きょうかく)の発育異常もみられ、心不全などをきたす場合もあります。
 摂食障害のため食の細い子になり、成長障害も現われることがあります。
[検査と診断]
 扁桃の肥大度、咽頭(いんとう)所見と症状の有無に加え、睡眠時の呼吸状態や酸素濃度をモニターするなど、客観的診断が可能です。
[治療]
 症状や無呼吸度が軽度の場合は経過をみます。症状が強いときは、扁桃摘出術が適応となります。この場合、アデノイド増殖症を合併していることが多く、アデノイド切除術も合わせて行ないます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

扁桃肥大(口蓋扁桃肥大)の関連キーワードあんぐり大きな口をきく何心地ぱくり不死身ほっかり水をあける見開くわはは引離す

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone