コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

病巣感染 びょうそうかんせん focal infection

翻訳|focal infection

2件 の用語解説(病巣感染の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

病巣感染
びょうそうかんせん
focal infection

身体の一部に慢性の炎症があり,それ自体の症状は軽いけれども,これが原因となって他の臓器に反応性の病変をつくることをいう。もとになる病巣としては,口蓋扁桃炎,虫歯,副鼻腔炎中耳炎,胆嚢炎,虫垂炎などが知られており,関係する細菌として溶血性レンサ球菌が注目されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

びょうそうかんせん【病巣感染 focal infection】

扁桃などの炎症性疾患が原因となり,リウマチなどのような全身性二次的疾患をひき起こすことをいう。この現象は古くから知られてきたが,ビリングJ.S.Billingが初めてこの現象を〈病巣感染〉と名づけた(1912)。すなわち身体のどこかに限局した慢性の炎症性病巣(これを原病巣focusという。たとえば慢性扁桃炎など)があり,それ自体はほとんど無症状か,もしくはときに軽い症状を呈するといった程度にすぎないのに,病巣から離れた各種臓器(たとえば腎臓)に障害,すなわち二次的疾患(たとえば腎炎)を起こすことをいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

病巣感染の関連キーワード筋肉リウマチリウマチ様関節炎溶連菌感染症葡萄膜炎リウマチ月間化膿性疾患食事性疾病腎性くる病脳血管性疾患リウマチ性疾患

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone