コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扱い アツカイ

デジタル大辞泉の解説

あつかい〔あつかひ〕【扱い】

操作すること。処理すること。「この器具は扱いが難しい」「小荷物扱い所」
待遇・応対のしかた。「扱いが公平だ」「客の扱いがうまい」
ある身分・役割・状態にあるものとして接すること。「部長扱い」「子供扱い」「機密扱い
紛争・訴訟などの仲裁をすること。また、その調停者。仲裁。調停。
「よいところへ―がはいったと云ってよろこぶ者もあり」〈谷崎・盲目物語〉
看護すること。介抱すること。
「対の方のわづらひける頃は、なほ、その―に、と聞こしめしてだに」〈・若菜下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あつかい【扱い】

物を使用したり、操作したりすること。 「 -が乱暴だ」
人の相手になること。応対。 「部下の-がうまい」
その地位、その状態にある者として接すること。他の語と複合して用いられる。 「罪人-」 「子供-」
人の世話をすること。病人を看護すること。 「この人、かくてやみ侍なば、御前の御-、いかがつかうまつらむ/狭衣 1
訴訟や争い事の仲立ちをすること。調停。仲裁。 「町衆-にかかり年分に其家を立んといへば/浮世草子・永代蔵 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

扱いの関連キーワード丸い卵も切りようで四角hard nutsアンクラシファイド腫れ物に触るようハンディータイプ手に負えない小馬鹿にする特殊取扱電報組合専従者無試験検定代理店扱い色を付ける線形近似子供扱い波動光学月払保険特別扱い茶巾捌き普通郵便相互主義

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

扱いの関連情報