コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抑肝散加陳皮半夏 よくかんさんかちんぴはんげ

2件 の用語解説(抑肝散加陳皮半夏の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

よくかんさんかちんぴはんげ【抑肝散加陳皮半夏】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)半夏柴胡(さいこ)蒼朮(そうじゅつ)茯苓(ぶくりょう)釣藤(ちょうとう)当帰(とうき)川芎(せんきゅう)陳皮甘草(かんぞう)などを含む。明(みん)代の医学書『保嬰撮要(ほえいさつよう)』などに処方が示されている抑肝散に、陳皮と半夏を加えた処方。神経症不眠症、子どもの夜なき、子どものかんしゃくなどに用い、神経の高ぶり、筋肉の痙攣(けいれん)、筋肉の緊張、食欲不振、悪心(おしん)といった症状がともなうとき、とくに有効とされる。胃腸が弱く、体力の弱い人がおもな対象。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

抑肝散加陳皮半夏の関連キーワード漢方薬生薬和漢薬漢薬薬酒草薬方薬和薬上薬処方薬

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

抑肝散加陳皮半夏の関連情報