コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拾う ヒロウ

2件 の用語解説(拾うの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひろ・う〔ひろふ〕【拾う】

[動ワ五(ハ四)]
落ちているものを取り上げて手にする。「ごみを―・う」⇔捨てる
他人の落とした物を手に入れる。拾得する。「財布を―・う」
多くの中から必要なものを選び取る。「関係事項を―・ってみる」「活字を―・う」
職のない人や不遇な人を取り立てる。引き上げる。「彼に―・われたのが出世の糸口となった」

㋐思いがけなく手に入れる。「勝ちを―・う」
㋑失うはずのものを失わずにすむ。「危ないところで命を―・った」
車などで出かける途中で人を乗せて一緒に行く。「駅前で友人を―・って目的地に向かう」
乗り物を呼びとめて乗る。つかまえる。「タクシーを―・う」
テニス、バレーボールなどの球技で、打ち返すのがむずかしい球をなんとか打ち返す。「ネット際のボールをやっと―・う」「―・いまくる」
マイクロホンなどが音を取り入れる。「マイクで下駄の音を―・う」
10 徒歩で行く。
「態々(わざわざ)夜道を―・うて来たは何ぞ急の用か」〈露伴五重塔
11 株式などを、安値になるのを待ちかまえて買う。「内需株を底値で―・う」
[可能]ひろえる
[下接句]命を拾う火中の栗(くり)を拾う小爪(こづめ)を拾う骨を拾う

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひろう【拾う】

( 動五[四] )
落ちているもの、散らばっているものを、手で取り上げる。 ↔ 捨てる 「池に落ちたボールを-・う」 「落ち葉を-・う」
他人の落とした物を、自分の物とする。 「大金を-・ったと言い張る」 「遺おちもの-・はず/日本書紀 仁徳訓
多くの中から必要なものを取り上げる。 「活字を-・う」 「名簿から関係者を-・う」
(比喩的に)貴重なものを思いがけず手に入れる。 ↔ 捨てる 「命を-・う」 「幸運を-・う」 「最終回に勝ちを-・った」
(道を選んで)歩く。 「算を乱した中を-・つて通つた/婦系図 鏡花
流しのタクシーなどをとめて乗る。 「表通りへ出てタクシーを-・う」
[可能] ひろえる
[慣用] 火中の栗を- ・小爪こづめを- ・骨を-

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拾うの関連キーワード贖う奪い合う庇う為合う出し合う綯う似通う沿うドロップオフ張合う

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

拾うの関連情報