コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拾う ヒロウ

デジタル大辞泉の解説

ひろ・う〔ひろふ〕【拾う】

[動ワ五(ハ四)]
落ちているものを取り上げて手にする。「ごみを―・う」⇔捨てる
他人の落とした物を手に入れる。拾得する。「財布を―・う」
多くの中から必要なものを選び取る。「関係事項を―・ってみる」「活字を―・う」
職のない人や不遇な人を取り立てる。引き上げる。「彼に―・われたのが出世の糸口となった」

㋐思いがけなく手に入れる。「勝ちを―・う」
㋑失うはずのものを失わずにすむ。「危ないところで命を―・った」
車などで出かける途中で人を乗せて一緒に行く。「駅前で友人を―・って目的地に向かう」
乗り物を呼びとめて乗る。つかまえる。「タクシーを―・う」
テニス、バレーボールなどの球技で、打ち返すのがむずかしい球をなんとか打ち返す。「ネット際のボールをやっと―・う」「―・いまくる」
マイクロホンなどが音を取り入れる。「マイクで下駄の音を―・う」
10 徒歩で行く。
「態々(わざわざ)夜道を―・うて来たは何ぞ急の用か」〈露伴五重塔
11 株式などを、安値になるのを待ちかまえて買う。「内需株を底値で―・う」
[可能]ひろえる
[下接句]命を拾う火中の栗(くり)を拾う小爪(こづめ)を拾う骨を拾う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひろう【拾う】

( 動五[四] )
落ちているもの、散らばっているものを、手で取り上げる。 ⇔ 捨てる 「池に落ちたボールを-・う」 「落ち葉を-・う」
他人の落とした物を、自分の物とする。 「大金を-・ったと言い張る」 「遺おちもの-・はず/日本書紀 仁徳訓
多くの中から必要なものを取り上げる。 「活字を-・う」 「名簿から関係者を-・う」
(比喩的に)貴重なものを思いがけず手に入れる。 ⇔ 捨てる 「命を-・う」 「幸運を-・う」 「最終回に勝ちを-・った」
(道を選んで)歩く。 「算を乱した中を-・つて通つた/婦系図 鏡花
流しのタクシーなどをとめて乗る。 「表通りへ出てタクシーを-・う」
[可能] ひろえる
[慣用] 火中の栗を- ・ 小爪こづめを- ・ 骨を-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

拾うの関連キーワードコンデンサー・マイクロフォン [condenser microphone]<録音用語/PA用語>ダイナミック・マイクロフォン [dynamic microphone]<録音用語/PA用語>エレクトリック・アコースティックギター落とし物・落し物扇落とし・扇落しパートナードッグゴミ拾い甲子園良くしたものだ醍醐天皇御記マイクロホンムズダリファ落ち穂拾い拾遺和歌集拾い上げるスタイラス又してもピニャタ食散らす落穂拾い負け相撲

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

拾うの関連情報