感心(読み)かんしん

精選版 日本国語大辞典「感心」の解説

かん‐しん【感心】

[1] 〘名〙
① すぐれたもの、人の心を打つものなどによって、心が深く動かされること。心に深くじること。感服。肝心。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※花鏡(1424)比判之事「二曲も物まねも儀理もさしてなき能の、さびさびとしたる中に、何とやらん感心のある所あり」
② (①の逆説的な使いかた) つまらないこと、くだらないことに、あきれること。驚くこと。「あいつの忘れっぽいのにも感心する」
[2] 〘形動〙
① こちらが心を動かされるほど、行動、態、状態などがりっぱだ。ほめたたえられるべきさまだ。
※俳諧・三冊子(1702)わすれ水「『さのみ見る所なし。死て後見侍らば、是とても又哀にて、見る所もあるべし』と也。感心成る詞也」
② (逆説的な使い方で、少しばかにした意味で) りっぱだ。
※家(1910‐11)〈島崎藤村〉上「『いや、全く姉さんはお嫁に来た時の気分だ━感心だ』と宗蔵が眼で笑ひながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「感心」の解説

かん‐しん【感心】

[名](スル)
りっぱな行為や、すぐれた技量に心を動かされること。心に深く感じること。感服。「うまいことを言うものだと感心する」「あまり感心できないやり方だ」
(逆説的に用いて)あきれること。びっくりすること。「ばかさかげんに感心する」
[形動][文][ナリ]りっぱであるとして褒められるべきさま。「親思いの感心な少年」
[類語]1感動感激感銘感慨感嘆感服感奮感ずる健気神妙奇特殊勝見事立派結構素晴らしい良い素敵すてき最高絶妙卓抜秀逸目覚ましい輝かしいたえなるえも言われぬ良質上質上等優良佳良純良良好上上上乗グーグッドナイスワンダフル好ましい程よい好個絶好最適じょうずうまい上出来言うことなしあっぱれ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「感心」の解説

【感心】かんしん

感服する。

字通「感」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android