コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摂社・末社 せっしゃまっしゃ

1件 の用語解説(摂社・末社の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せっしゃまっしゃ【摂社・末社】

一神社内で本社に付属する小社のこと。古く〈所摂〉と記されている例もあるが,明治の制で伊勢神宮,また官国幣社において,本社に付属する関係深い社を摂社,それにつぐ小社を末社と称することと定めた。これは社格ではなく,本社祭神の后(きさき)神,御子(みこ)神をまつる社,本社旧跡に設けた社,本社祭神の荒御魂(あらみたま)をまつる社,地主神の社など関係深い社を摂社とし,それにつぐ社を末社とした。その本社境内にあるものを境内摂社境内末社とよび,境外のものを境外摂社境外末社とよんだが,それらのなかに,府県社,郷社,村社などの社格のある社もあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

摂社・末社の関連情報