コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射化学分析

百科事典マイペディアの解説

放射化学分析【ほうしゃかがくぶんせき】

放射能を利用する分析法の一つ。試料自身が放射性であるとき,その中に含まれる放射性元素の放射能,あるいはそれから生ずる別の放射性元素の放射能の測定によって定性・定量を行う分析法。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃかがくぶんせき【放射化学分析 radiochemical analysis】

放射性の試料に含まれる放射性核種の種類や量を放射能を測ることによって求める方法。これとよく似た用語に放射化分析放射分析がある。前者は非放射性の試料に中性子などを照射して特定の核種を放射化し,その放射能測定によって非放射性であったもとの核種の量を求める方法である。また後者は放射性物質を一種の指示薬として利用し,その放射能強度の測定から非放射性物質の量を求める方法であり,それぞれ放射化学分析とは区別される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

放射化学分析
ほうしゃかがくぶんせき
radiochemical analysis

放射性核種から発する放射能、あるいはそれと放射平衡にある娘(むすめ)核種(放射性核種が放射性壊変することによって新しく生成された核種)の放射能を測定することによって行う分析をいう。放射性核種はそれぞれ異なる半減期と放射線の種類およびエネルギーをもっているので、これを測定することにより核種の確認や同定ができ、放射能の強さの測定から核種の量を求めることができる。各種の核種が共存したまま測定できない場合には、種々の方法で各核種に分離して行う。核種の量は一般にきわめて微量であるので分離操作に担体(化学的性質が同じかまたはよく似た物質)を使用するのが普通である。[高田健夫]
『日本分析化学会編『放射化学分析法』(1963・共立出版) ▽F. W. Fifield他著、古谷圭一監訳『分析化学2』(1998・丸善)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

放射化学分析の関連キーワードラジウム鑑定

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android