組合管掌健康保険(読み)クミアイカンショウケンコウホケン

デジタル大辞泉「組合管掌健康保険」の解説

くみあいかんしょう‐けんこうほけん〔くみあひクワンシヤウケンカウホケン〕【組合管掌健康保険】

健康保険組合が運営する健康保険。事業主が単独または共同組合を設立して、その従業員被保険者となる。保険料率は、協会けんぽ(旧政府管掌健康保険)が定率であるのに対し、標準報酬月額標準賞与額を算定基礎とし、組合ごとの規約により自主決定で(おおむね低く)定めることができる。また、保険料については、協会けんぽが事業主と被保険者とで折半するのに対して、こちらは事業主の負担割合を高めることができる。さらに法定給付上乗せとして付加給付ができる。組合健保

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵「組合管掌健康保険」の解説

組合管掌健康保険

大企業のサラリーマンらが加入する医療保険。保険料は月収の一定割合を原則として労使が折半する。組合数は約1500。2003年4月からボーナスも含めた年収に基づいて保険料を徴収する総報酬制となり、保険料率は全組合平均で約7.4%。

(梶本章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

世界大百科事典 第2版「組合管掌健康保険」の解説

くみあいかんしょうけんこうほけん【組合管掌健康保険】

健康保険は健康保険法(1922制定,27施行)に基づく制度である。当初一部の労働者を対象者としたものであったが,今日では雇用労働者の大部分を対象とし,医療保険の中心的存在となっている。健康保険の保険者には政府および健康保険組合があるが,一般に前者政府管掌健康保険(政管健保),後者を組合管掌健康保険(組合健保)と呼んでいる。 健康保険組合を設立する際には,被保険者となるべき従業員の過半数同意を得たうえで規約をつくり,厚生大臣の認可を受けなければならない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の組合管掌健康保険の言及

【医療保険】より

…公務員関係は共済組合であるが,これも年金制度と医療保険をあわせた制度となっている。 まず,民間企業の被用者は健康保険(健康保険法にもとづく医療保険,つまり組合管掌健康保険および政府管掌健康保険をいう。ただし,健康保険という語は医療保険の総称として使われることもある)に加入するが,常時700人以上の被保険者を有する事業所では,それぞれに健康保険組合をつくり独自に運営できる。…

【政府管掌健康保険】より

…常時5人以上の雇用労働者を使用する事業所に使用される雇用労働者は,強制的に健康保険の被保険者とされる。健康保険の保険者には,政府と健康保険組合があるが,前者によって運営される健康保険を政府管掌健康保険(政管健保),後者によるものを組合管掌健康保険(組合健保)と呼んでいる。政管健保は,健康保険組合の設立されていない事業所(設立基準等については〈組合管掌健康保険〉の項参照)に使用される雇用労働者および日雇労働者を被保険者として運営されている。…

※「組合管掌健康保険」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android