コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政治発展論 せいじはってんろんpolitical development theory

世界大百科事典 第2版の解説

せいじはってんろん【政治発展論 political development theory】

第2次大戦後の世界は,西欧近代の理念を全世界に拡大し定着し,それに向けて限りなく近代化していくことで人間の世界を完成することを起点とした。さらに,その完成への過程は民主主義によって実践される,ということが前提とされていた。その価値観に立つ限り,自由主義型民主主義も社会主義型のそれも,第三世界の新興諸国に対する準拠モデルとして,それぞれがより真なる民主主義として自己主張をなしえたのである。その場合,人間とその社会が,伝統的社会から近代的社会に接近していく過程を政治発展と考えていたのだった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

政治発展論の関連キーワードガブリエル・アブラハム アーモンド白鳥令政治学

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android