コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教育統計 きょういくとうけい educational statistics

3件 の用語解説(教育統計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教育統計
きょういくとうけい
educational statistics

教育事象に関する統計。統計的方法を教育の場に適用して,教育現象の統計的究明,教育問題の統計的解決を行うことを意味するが,その行為の結果得られる統計数字をさすこともある。明治4 (1871) 年,「学制」制定に先立って文部省の実施した調査が,日本の教育統計の最初といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きょういくとうけい【教育統計】

教育事象の性質・傾向などを数量的に解明する理論や方法,またはその結果として得られた数値。教育行政統計,教育研究統計,教育実践統計などに大別されるが,教育行政統計をさす場合が多い。日本の教育統計は,1872年(明治5)の学制以後,教育行政統計が毎年度《文部省年報》に掲載され,1900年の学校身体検査規程以後,学校保健統計も継続している。不定期の統計では,1930年以後の文部省調査部《内外教育制度の調査》に欧米各国の教育統計が紹介されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

教育統計
きょういくとうけい

教育統計とは、教育事象を数量的に明らかにしようとする活動、またそれによって得られる数値をいう。教育統計のなかでも学校に関するものをとくに学校統計とよぶ。教育統計は、作成主体・目的により一般に教育行政統計、教育研究統計、教育実践統計に大別される。
 教育行政統計は、教育政策や教育行政、学校の管理運営のための資料とすることを主たる目的として、教育行政機関によって実施・作成されるものである。統計法第2条に基づく指定統計、同法第8条に基づく届出統計、統計報告調整法第4条に基づく承認統計などがある。指定統計には学校基本調査、学校保健統計、学校教員統計、社会教育調査があり、届出統計には地方教育費調査、地方教育行政調査、教職員人事異動状況調査、生涯学習関連事業調査などが、承認統計には子供の学習費調査、私立学校の財務状況調査、体力・運動能力調査、生涯学習・社会教育施設等調査などがある。
 教育研究統計は、おもに教育の実証的研究の一環として行われ、大学、各研究所、教育関係学会または各研究者などにより、随時実施されている。教育実践統計は、学校現場において、学習指導、生徒・生活指導、学級・学年・学校経営等のために、教育実践者によって行われるものである。
 ただし、たとえば教育行政統計や教育実践統計にも「研究」の要素が含まれうるように、以上3統計を明確に分けることは困難でもある。[大桃敏行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

教育統計の関連キーワード統計的手法教育測定限定評定法変量事象の地平面外在油性量的ホイットワースの定理

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

教育統計の関連情報