コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敷田年治 しきだ としはる

美術人名辞典の解説

敷田年治

幕末・明治期の国学者。通称大次・仲治、号は百園。蛭子神社神職吉松能登守の養子。豊前生。帆足万里・渡辺綱章の門で和漢の学を学び、後和学講談所の教官となり尊攘論を唱えた。晩年堀江に私塾を開いた。明治35年(1902)歿、86才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

敷田年治 しきだ-としはる

1817-1902 幕末-明治時代の国学者。
文化14年7月20日生まれ。帆足(ほあし)万里,渡辺綱章らにまなび,和学講談所の教官となる。伊勢(いせ)の神宮皇学館の設立にかかわり,明治15年学頭となる。明治35年1月30日死去。86歳。豊前(ぶぜん)宇佐郡(大分県)出身。本姓は宮本,のち吉松。通称は伊勢守。号は百園。著作に「古事記標註」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

敷田年治

没年:明治35.1.30(1902)
生年:文化14.7.20(1817.9.1)
幕末明治期の国学者。豊前国宇佐郡(大分県宇佐市)敷田村二葉山神社の祠官宮本兼継の次男,天保10(1839)年からは同郡四日市町蛭子神社祠官吉松家の養子。名は仲治,通称主計之介,号は百園,百桃園など。郷里の大儒帆足万里に修学。弘化3(1846)年に従五位下に叙せられ,敷田姓に改名。幕末期は王政復古に奔走。文久3(1863)年に江戸の和学講談所に出仕,維新直後には大阪へ移り,佐土原藩主島津忠寛に仕えた。明治4(1871)年河内へ隠退。14年伊勢に迎えられ,神宮皇学館の創設に尽力,教頭となった。3年余で隠退。晩年は大阪に住み,著作活動に情熱を注いだ。著書は『古事記標註』や『日本紀標註』のような古典注釈や,字書,地誌,歌文集など,51種もの幅広い著書や編著を残したらしい。<参考文献>高梨光司『敷田年治翁』

(ロバート・キャンベル)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しきだとしはる【敷田年治】

1817~1902) 幕末・明治期の国学者。豊前ぶぜんの人。帆足万里に師事。和学講談所教官・神宮皇学館教頭。著「古事記標註」「音韻啓蒙」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

敷田年治の関連キーワード寺井種清滋岡従長明治時代祝詞幣帛

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android