コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敷田年治 しきだ としはる

5件 の用語解説(敷田年治の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

敷田年治

幕末・明治期の国学者。通称大次・仲治、号は百園。蛭子神社神職吉松能登守の養子。豊前生。帆足万里・渡辺綱章の門で和漢の学を学び、後和学講談所の教官となり尊攘論を唱えた。晩年堀江に私塾を開いた。明治35年(1902)歿、86才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しきだ‐としはる【敷田年治】

[1817~1902]幕末・明治期の国学者。豊前(ぶぜん)の人。号、百園。帆足万里(ほあしばんり)に師事。著「音韻啓蒙」「古事記標註」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

敷田年治 しきだ-としはる

1817-1902 幕末-明治時代の国学者。
文化14年7月20日生まれ。帆足(ほあし)万里,渡辺綱章らにまなび,和学講談所の教官となる。伊勢(いせ)の神宮皇学館の設立にかかわり,明治15年学頭となる。明治35年1月30日死去。86歳。豊前(ぶぜん)宇佐郡(大分県)出身。本姓は宮本,のち吉松。通称は伊勢守。号は百園。著作に「古事記標註」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

敷田年治

没年:明治35.1.30(1902)
生年:文化14.7.20(1817.9.1)
幕末明治期の国学者。豊前国宇佐郡(大分県宇佐市)敷田村二葉山神社の祠官宮本兼継の次男,天保10(1839)年からは同郡四日市町蛭子神社祠官吉松家の養子。名は仲治,通称主計之介,号は百園,百桃園など。郷里の大儒帆足万里に修学。弘化3(1846)年に従五位下に叙せられ,敷田姓に改名。幕末期は王政復古に奔走。文久3(1863)年に江戸の和学講談所に出仕,維新直後には大阪へ移り,佐土原藩主島津忠寛に仕えた。明治4(1871)年河内へ隠退。14年伊勢に迎えられ,神宮皇学館の創設に尽力,教頭となった。3年余で隠退。晩年は大阪に住み,著作活動に情熱を注いだ。著書は『古事記標註』や『日本紀標註』のような古典注釈や,字書,地誌,歌文集など,51種もの幅広い著書や編著を残したらしい。<参考文献>高梨光司『敷田年治翁』

(ロバート・キャンベル)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しきだとしはる【敷田年治】

1817~1902) 幕末・明治期の国学者。豊前ぶぜんの人。帆足万里に師事。和学講談所教官・神宮皇学館教頭。著「古事記標註」「音韻啓蒙」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

敷田年治の関連キーワード大分県宇佐市北宇佐大分県宇佐市熊大分県宇佐市黒大分県宇佐市閤大分県宇佐市末大分県宇佐市高森大分県宇佐市灘大分県宇佐市山太田楯臣物集高世

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone