コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文福茶釜・分福茶釜 ぶんぶくちゃがま

大辞林 第三版の解説

ぶんぶくちゃがま【文福茶釜・分福茶釜】

昔話の一。狸(狐の話もある)が助けてくれた人に恩返しをするため、茶釜などいろいろなものに化けてその人を裕福にするというもの。笑い話化したものが多い。群馬県館林の茂林寺にまつわる話が有名。
[1] ウニの一種。背面はほぼハート形で殻長約5センチメートル。背面に五本の放射状の溝がある。全身淡褐色。相模湾以南の沿海に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

文福茶釜・分福茶釜の関連キーワードハート形恩返し茂林寺放射状ウニ昔話分布茶釜背面沿海

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android