文福茶釜(読み)ブンブクチャガマ

  • 文福茶釜 (ブンブクチャガマ)
  • 文福茶釜/分福茶釜

デジタル大辞泉の解説

《「ぶんぶく」は茶の沸き立つ音を擬して、それに当て字したもの》群馬県館林市の茂林寺に伝わる茶釜。伝説では、守鶴という老僧の愛用していた茶釜が、くんでもくんでも湯がなくならないので不思議がられていたが、住持によって、守鶴が(たぬき)の化身であることを見破られ、守鶴は寺を去ったという。
ブンブクチャガマ科のウニ。海の砂泥底にすむ。は心臓形で平たく、長径7センチくらいで、表面に獣毛のような茶色のとげが密生する。本州中部以南に分布

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

タヌキかキツネが貧しい男の好意にむくい,茶釜に化けて寺へ売られていく昔話。文福は茶釜の湯がわく音の擬音。群馬県館林の茂林(もりん)寺が有名だが全国的に分布。釣鐘に化けて寺へ売られたり,馬や美女に化けて長者に売られる話にもなっている。
→関連項目館林[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

群馬県館林の茂林寺に伝わる茶釜の話は広く知られている。ムジナ寺僧に化けて,くんでも湯の尽きない茶釜をどこからか持ってくる。福を授けることから分福茶釜と称される。後に茶釜は寺宝になるという話である。茶釜が寺と結びついた伝説は他にも例がある。昔話の文福茶釜には二つの型がある。寺の小僧が茶釜をこすると,痛いぞと声をかける。火にかけると手足が現れてタヌキになって逃げて行くという筋になっている。この話は江戸時代の赤本にある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

学名:Schizaster lacunosus
動物。海産動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の文福茶釜の言及

【魔法使いとその弟子】より

…原郷土はペルシアと考えられている。日本の〈文福茶釜〉は,息子が変身して父が売る部分が笑話化したものと考えられる。【小沢 俊夫】。…

※「文福茶釜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文福茶釜の関連情報