コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文芸講話 ぶんげいこうわ Wen-yi jiang-hua

4件 の用語解説(文芸講話の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文芸講話
ぶんげいこうわ
Wen-yi jiang-hua

中国の文学,芸術について 1942年5月毛沢東が座談会で行なった講話。正式には『延安における文学・芸術座談会での講話』と呼ばれる。 43年 10月 19日『解放日報』紙上で発表。抗日戦争開始以後,解放区に流れ込んできた知識分子の文学論がややもすれば芸術至上主義的であることを批判し,さらに五・四運動以来の革命文学運動を総括するとともに,その後の人民文学と呼ばれる新しい文学,芸術の進む道を指示したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

文芸講話【ぶんげいこうわ】

1942年延安開かれた文学者,芸術家の討論会で,毛沢東が行った問題提起と結語からなる講話。正式には〈延安文芸座談会における講話〉。労働者・農民・兵士に党の方針を伝えることが文学芸術の任務であると説いて,共産党独裁下の文芸の基本方向を定めた。
→関連項目胡風趙樹理

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんげいこうわ【文芸講話 Wén yì jiǎng huà】

1942年,毛沢東が延安の文芸座談会で行った講演。文化的に不毛に近い農村を根拠地として戦っていた当時の条件下で,毛沢東は,都会からやってきた芸術家に向かって,足下の農民に眼を向け(=文芸の階級性),労農兵に奉仕せよ,と説いた。これが,のちに新中国の文芸上の総方向とされたが,歴史的条件を無視してこれを機械的に適用しようとすることによって生ずる文芸界のひずみは否定できず,これが文芸の発展を阻むかせとなっているという見方もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文芸講話
ぶんげいこうわ

文芸問題に関する毛沢東(もうたくとう)の代表的著作『延安文芸座談会における講話』の略称。1942年、延安整風運動の一環として開かれた同座談会は、延安中央弁公庁の会議室で5月2日、8日、23日と3回全体会議をもつが、この書は、毛沢東の初日(2日)の冒頭発言(「引言」)と最終日(23日)の結語(「結論」)とをまとめたものである。43年10月19日付け『解放日報』に初めて公表され、以後、抗日辺区および新中国の文芸運動と知識人の思想改造運動の基本文献となった。『毛沢東選集』第三巻(1953)所収に基づく新版とそれ以前の旧版とにかなりの異同があるが、おもな内容は〔1〕文芸を人民大衆のためのものとし、党、無産階級、工農兵大衆の立場にたつ抗日統一戦線の文芸のあり方を論じ、また、〔2〕いかに人民大衆のための文芸を書くかについて、文芸の源泉は人民の生活にあり、作家・知識人は長期・無条件に人民の生活・闘争のなかに入って自己改造し、思想・感情まで工農兵と一体になることを説く。またこの観点から、普及と向上、政治と芸術・人間性論、光明と暗黒の題材、賛美と暴露、動機と効果、学習と創作などの問題を論じている。この著作は抗戦期に一定の積極的役割を果たしたが、その後、毛沢東思想の絶対化に伴い、その政治優先、題材主義、思想改造の理論などが極端に教条化されて、「文革」中の知識人迫害・文化否定の極左路線へ道を開いた。[伊藤敬一]
『竹内好訳『文芸講話』(岩波文庫) ▽毛沢東選集刊行会訳『文芸講話』(大月書店・国民文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の文芸講話の言及

【中国文学】より

…こうした状況を前にしてとまどう知識人に向かって,中国共産党は,大衆宣伝のための文芸工作者たるべく自己改造せよと呼びかけた。1942年には,延安で文芸座談会を開き,その席上毛沢東は有名な《文芸講話》を行って,知識人のおごりをすてて労働者,農民,兵士に学べと説き,〈人民に奉仕せよ〉と号令した。作家たちはこの方向に沿って農村に根を下ろし,〈自己改造〉に努めたが,やがて趙樹理の短編《小二黒の結婚》や《李有才の語りもの》(ともに1943),歌劇《白毛女》(集団創作。…

※「文芸講話」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

文芸講話の関連キーワード江青井崗山雷鋒座談会覆面座談会古元毛沢東の評価ネパール共産党毛沢東主義派重慶交渉魯迅芸術学院

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone