コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新利根 しんとね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新利根
しんとね

茨城県南部,稲敷市南西部の旧町域。利根川北岸にある。 1955年根本村,柴崎村,太田村の3村が合体して新利根村となり,1996年町制。 2005年江戸崎町,桜川村,町と合体して稲敷市となった。新利根川,小野川が流れる。農業が中心で米作のほか園芸,畜産が行なわれるが,宅地造成が進行。国の重要文化財の平井家住宅がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新利根
しんとね

茨城県南部、稲敷(いなしき)郡にあった旧町名(新利根町(まち))。現在は稲敷市の南西部に位置する地域。1955年(昭和30)根本、柴崎、太田の3村が合併して新利根村となり、1996年(平成8)に町制施行。2005年(平成17)稲敷郡江戸崎(えどさき)町、桜川(さくらがわ)村、東(あずま)町と合併して市制施行、稲敷市となった。旧町域の中央を流れる新利根川が町名の由来。新利根川、小野川の低湿地と一部に稲敷台地をもつ。国道408号が走る。関東鉄道竜ヶ崎駅からバス。中世は東条荘(しょう)、近世は仙台藩に属した。米の単作地帯で、第二次世界大戦後に大規模な農業水利事業が施行され、水害防除と低湿地の水田化が進んだ。農業機械が普及し、新利根農機部品工業団地がある。釣りの名所が多い。近年宅地造成も進む。平井家住宅は国指定重要文化財。逢善(ほうぜん)寺には本堂、仁王(におう)門など県指定文化財が多い。[櫻井明俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新利根の関連キーワード桜川(茨城県南部)茨城県稲敷郡河内町新利根[町]新利根〈村〉東(茨城県)茨城県稲敷市霞ヶ浦(湖)龍ヶ崎[市]稲敷[市]稲敷(市)五霞(町)河内[町]利根(町)本埜[村]上野 満東[町]境(町)低湿地印旛沼手賀沼

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android