方士(読み)ほうし(英語表記)fang-shi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

方士
ほうし
fang-shi

中国古代の方術を行なった人。術とは,卜筮,医術,錬金術などをさす。『史記』の「封禅書」と「始皇紀」に初めてその名がみえる。戦国時代の後期から燕や斉の地方を中心に不老不死仙薬について説いた人で,その説を秦の始皇帝や漢の武帝も信仰した。この呼称は三国時代まで使われ,晋代に入っておもに「道士」といわれるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう‐し〔ハウ‐〕【方士】

《「ほうじ」とも》中国古代において、神仙の術を身につけた者。方術の士。道士。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほうし【方士 fāng shì】

中国古代において〈方術〉と呼ばれる技術,技芸を駆使した人たち。〈術士〉〈方術士〉〈道士〉などとも呼ばれた。方士の起源は戦国時代の斉や燕など東方の沿海地域にもとめられ,もっぱら鬼神と通ずる術をあやつって〈巫〉に類似するが,その術は斉の学者の鄒衍(すうえん)の思想によって潤色された。秦の始皇帝は方士のすすめに従って東海中に存在すると信ぜられた三神山に〈不死の奇薬〉をもとめさせたことがあり,漢代においても方士の活動はさかんであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうし【方士】

〔「ほうじ」とも〕
方術を行う者。道士。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

方士
ほうし

特殊な技術、方法を身につけた人、の意味。具体的には、古代中国で、不老長生の説を唱えたり、そのための魔術的技法や薬方(やくほう)を使った者をさす。いまの山東省やその周辺の地や海辺に多かったと伝えられる。その後、紀元前3、2世紀には、宮廷にも多くの方士が現れて、不死の仙薬の調合に成功したと言上したり、亡くなった皇后を呼び戻してみせると詐(いつわ)ったり、五色の「神気」が見えたとして、五帝廟(びょう)を建てるよう勧めたりした。紀元後3世紀ごろからは、この語にかわって道士(どうし)の語が多く使われるようになった。[福井文雅]
『顧頡剛著、小倉芳彦他訳『中国古代の学術と政治』(1978・大修館書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の方士の言及

【陰陽師】より

…中国発祥の陰陽道と称する特殊な方術の占法をもってすべての吉凶災福を察知し,これに処するための呪術作法を行う宗教家で,方士,方術士,方伎士などとも呼ばれる。官僚としては684年(天武13)2月,新都選定の卜占に派遣された記事が初見で,律令制下では陰陽寮に6人の定員がおかれ占筮相地等をなし,地方では大宰府はじめ東海・東山・山陰・西海各道や陸奥鎮守府に配置された。…

【道士】より

…元来,〈道人〉の語とともに広く〈有道の士〉を意味し,仏教の僧侶もこの語でよばれることがあった。同時にこの語には〈道術の士〉〈方士〉の意味がそなわっており,およそ4世紀以後,もっぱら道教の専門的実修者をさすようになった。女性の道士は〈女道士〉とも〈女冠〉ともよばれる。…

※「方士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

方士の関連情報