コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西表石垣国立公園 いりおもていしがきこくりつこうえん

6件 の用語解説(西表石垣国立公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西表石垣国立公園
いりおもていしがきこくりつこうえん

沖縄県西部の自然公園。面積 219.58km2。2007年西表国立公園に石垣島が編入され,西表石垣国立公園に改称。1972年に指定された西表国立公園は,八重山諸島に属する西表島と,石西礁湖(せきせいしょうこ)と呼ばれる日本最大のサンゴ礁海域とその海域に点在する黒島竹富島新城島小浜島などの島々からなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いりおもていしがき‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【西表石垣国立公園】

沖縄県八重山諸島西表島石垣島を中心とし、その周囲の竹富島小浜島・黒島などと珊瑚礁(さんごしょう)の海からなる国立公園。昭和47年(1972)、西表国立公園として指定され、平成19年(2007)に石垣島地域が追加されて現名称となる。亜熱帯原生林が広がり、イリオモテヤマネコカンムリワシなど希少な野生動物が生息する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

西表石垣国立公園【いりおもていしがきこくりつこうえん】

西表島を中心とする島々と付近海域および石垣島海岸部を含む国立公園。西表国立公園として,1972年指定。2007年8月に石垣島地域を加え,西表石垣国立公園に名称変更。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

いりおもていしがきこくりつこうえん【西表石垣国立公園】

亜熱帯原生林におおわれる西表島を中心とし、石垣島の一部と、両島にはさまれた日本最大の珊瑚さんご礁が発達する周辺海域よりなる自然公園。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕西表石垣国立公園(いりおもていしがきこくりつこうえん)


沖縄県八重山(やえやま)列島西部にある国立公園。西表島を中心に石西礁湖(せきせいしょうこ)とよばれる浅い海域とそこに点在する島々に2007年(平成19)石垣島地域を加え、名称変更した。陸域面積2万569ha、海中公園8ヵ所計1106.5ha。1972年(昭和47)指定。マングローブ林、日本最大の珊瑚礁(さんごしょう)など亜熱帯特有の自然景観が特徴。特別天然記念物のイリオモテヤマネコやカンムリワシ、天然記念物のセマルハコガメなどが生息。イシサンゴ類・熱帯魚類や鳥類のほか天然記念物のヤエヤマヤシなど固有種の植物も多く、多彩な動植物相で知られる。石西礁湖の4つの海中公園はダイビングスポーツの好適地。冬季を除いて海水浴が可能。西表島の浦内(うらうち)川は観光船が就航。石垣島から各島へ船便がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西表石垣国立公園
いりおもていしがきこくりつこうえん

沖縄県八重山(やえやま)列島の西表島中央部および石垣島北部などと、両島周辺の海域、島々を範囲とする国立公園。1972年(昭和47)、西表島と周辺海域が西表国立公園(当初陸域面積125.06平方キロメートル、海域面積321.0平方キロメートル)として指定され、2007年(平成19)、石垣島と周辺海域(陸域面積70.22平方キロメートル、海域面積約145.0平方キロメートル)が新たに指定・編入されて西表石垣国立公園と改称した。陸域面積は205.69平方キロメートル、海域面積は約458.13平方キロメートル。主要部は西表島の山地部および石垣島北部で、それぞれ西表・石垣両島の約3分の1の地域を占める。そのほかは、石垣島と西表島の間に広がる堡礁(ほしょう)および石西礁(せきせいしょう)湖とよばれる海域と、そこに点在する小浜(こはま)島、新城(あらぐすく)島、黒島、竹富島などである。また、西表島の南西約15キロメートルの海上に浮かぶ仲ノ神島は、海鳥の生息地として名高い。さらに、海域公園として竹富島タキドングチ、竹富島シモビシ、黒島キャングチ、新城島マイビシ(以上1977年指定)、平久保(ひらくぼ)、川平(かびら)石崎、米原(よねはら)、白保(しらほ)(以上2007年指定)の8か所がある。イシサンゴ類や熱帯魚類などの多彩な海生動物が生育する、わが国最大のサンゴ礁海域である。西表・石垣両島は原始的自然の保持された島であると同時に、地形、地質、生物など亜熱帯特有の自然景観をもっている。とくに、西表島の浦内川、仲間(なかま)川河口のマングローブ林、浦内川中流のカンピラ滝、マリュード滝は特徴ある地形を呈する。また、石垣島には野底(のそこ)岳、於茂登(おもと)岳、川平湾のほかラムサール条約登録湿地である名蔵(なぐら)アンパルなど貴重な自然が残されている。この地域の原生林には、イリオモテヤマネコ(国指定特別天然記念物)、セマルハコガメ(国指定天然記念物)などの野生動物が生息するほか、カンムリワシ(国指定特別天然記念物)をはじめとする特殊鳥類も多い。さらに仲ノ神島はセグロアジサシ、オオミズナギドリなどの海鳥の大生息地となっている。[目崎茂和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西表石垣国立公園の関連キーワード八重山諸島八重山八重山上布八重山日報八重山毎日新聞与那国[町]沖縄県八重山郡竹富町小浜沖縄県八重山郡竹富町崎山沖縄県八重山郡沖縄県八重山郡与那国町

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西表石垣国立公園の関連情報