コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旗国法(読み)きこくほう(英語表記)law of flag; loi du pavillon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旗国法
きこくほう
law of flag; loi du pavillon

船舶や航空機が所属する国の法律船舶や航空機はいずれかの国で登録されなければならず,その登録国に国籍があるものとされ,その国籍は国旗によって船舶のマストや航空機の翼に表示される。旗国法は船舶や航空機に関する渉外的法律関係の準拠法として国際私法上重要であり,それを適用する考え方を旗国主義という。日本の法例には明文の規定はないが,判例や学説で承認されている。公海における海難救助成否や効力,公海を航行中の船舶内で生じた不法行為の成否や効力のように,法律のない地域で生じた船舶や航空機をめぐる法律問題の準拠法として旗国法が援用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

旗国法【きこくほう】

船舶の所属する国(旗国)の法律。国旗法とも。海商に関する法律関係は,公海における船舶について生ずることが多く,その場合は当該船舶および他国民でも船内にいる限り旗国法の適用下におかれる。海洋法条約は,船舶は一つの国のみの旗を掲げて航行するものとし,原則として公海においてはその国の排他的管轄権に属するとした。他国の領海内では原則として沿岸国の管轄に属するが,船舶内の犯罪の裁判権は一般に旗国に属する。
→関連項目国籍

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きこくほう【旗国法 law of flag】

船舶をめぐる国際的な法律問題に関する用語で,船舶が所属する国の法律をいう。国際的に運航される船舶には国旗掲揚の義務があり,国旗掲揚によってその船の所属する国つまり国籍を示すべきこととされる。他方,ある国の国旗を掲げることのできる権利は,その船がその国の登録を受けその国から船舶国籍証明書を交付されることによって生ずるので,船の掲げる国旗はその船の登録国を示す,ということができる。さらに日本の場合,登録できるのは日本船舶に限られ,日本船舶とは概してその所有者が日本人である船をいうため,船の掲げる国旗はその所有者の国籍をも表すことになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の旗国法の言及

【国際商法】より

… 日本の従来の国際私法理論では,条約や特別法のある場合,あるいは事柄の性質上適用することが妥当でない場合を除いて,商事についても一般原則である法例3条以下の規定によるものとされる。特別法としては,手形法88条以下,小切手法76条以下の規定があり,事柄の性質上特別の考慮を必要とする場合としては,船舶所有権など海上企業の法律関係につき,後で述べるいわゆる旗国法を準拠法とする場合,あるいはひろく商事活動においては,住所より営業所の観念が重要性をもつというような場合が考えられる。例えば,1966年ポーランド国際私法9条3項,27条,78年オーストリア国際私法36条,38条,39条,80年のEC契約準拠法条約4条,86年ドイツ民法施行法28条,87年スイス国際私法117条,126条,135条,136条,139条などでは,営業所の観念に基づいて準拠法を定めている。…

※「旗国法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android