コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日はまた昇る ひはまたのぼるThe Sun Also Rises

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日はまた昇る
ひはまたのぼる
The Sun Also Rises

アメリカ合衆国の小説家アーネスト・ヘミングウェーの小説。 1926年刊。パリスペインを舞台に,第1次世界大戦後アメリカに帰らずパリなどにたむろしていた「失われた世代」の青年たちを描く。大戦で負った傷のため不能になった男を視点的人物に据え,その恋人の元篤志看護師や彼女をめぐる男たちを登場させた不毛の愛の物語で,簡潔な文体と巧みな会話と相まって刊行後ただちにベストセラーとなった。表題旧約聖書伝道の書』の「空の空,一切は空」のあとに続く句からとったもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日はまた昇る
ひはまたのぼる
The Sun also Rises

アメリカの小説家ヘミングウェイの名声を一挙に高めた長編小説。1926年刊。第一次世界大戦後のパリで新聞記者ジェイク・バーンズは、戦争中知り合った人妻ブレット・アッシュレイと愛し合っているが、戦傷で不能となったため肉体的に愛を成就(じょうじゅ)できない。ブレットは離婚をしてマイクと結婚することになっているが、多くの崇拝者を従え、ユダヤ人ロバート・コーンと愛していないのに旅に出たりする。スペインのパンプロナの闘牛祭でブレットをめぐる男たちの確執は頂点に達し、ブレットは天才的闘牛士ロメロと駆け落ちする。結婚を求める若いロメロを破滅させるのを恐れたブレットは自制して別れ、ジェイクを呼び寄せる。第一次大戦後に登場した、いわゆる「失われた世代(ロスト・ジェネレーション)」の生態を如実に描く一方で、戦後の虚無のなかで新しい価値をみいだそうとする倫理性も有する。題名は、『旧約聖書』の引用文に基づくもので、G・スタインが命名し、本書の題辞にも掲げた「失われた世代」に対置させた。[武藤脩二]
『大久保康雄訳『日はまた昇る』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日はまた昇るの関連キーワードロスト・ジェネレーション(アメリカ文学)スタイン(Gertrude Stein)アーネスト ヘミングウェイロスト・ジェネレーション晋ちゃんまんじゅうサンフェルミン祭ビル エモット戦間期(年表)アメリカ合衆国武器よさらばパンプローナ山本修夢伝道

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日はまた昇るの関連情報