日下開山(読み)ひのしたかいざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日下開山
ひのしたかいざん

相撲で天下無双の強豪に与えられる称号。日下開山の称号を得たと伝えられる力士に鎌倉十七,明石志賀之助,谷風丹右衛門,御用木無次右衛門,大木戸団右衛門,源氏山住右衛門,鞍馬山鬼市,物見山団蔵らがある。仏教用語から転じて,横綱力士のことをいうようにもなったが,本来はまったく別なものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひのしたかいさん【日下開山】

横綱力士の別称。室町時代から〈天下一〉という言葉が流行したが,この呼称が1682年(天和2)に禁令になったため,武芸者,芸能者らは,これに代わって〈日下開山〉を用いるようになった。日下は天下,開山は寺の開祖,宗教の権威者を意味したところから,無双の優れた者の代名詞となった。その後江戸中期のころまで強豪力士を日下開山と呼び,江戸後期には横綱免許を受けた大関力士をさすようになり,明治のころに横綱力士の別称として定着した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日下開山
ひのしたかいさん

天下無双の強者、また優れた者のこと。いまはおもに横綱力士の代名詞。1682年(天和2)、江戸幕府は武芸者・芸能者らが「天下一」の呼称を乱用するので、禁止命令を布告。その後は天下と同義語の日の下を冠し「日下開山」といいかえるようになった。元禄(げんろく)年間(1688~1704)に勧進相撲(かんじんずもう)の興行の際、抜群の強さをみせた大関や、何年も負けたことのない力士を「日下開山」または「日下相撲開山」と褒めそやしたことから、のちに横綱力士をさすようになった。[池田雅雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ひのした‐かいさん【日下開山】

〘名〙 (「開山」は開祖の意。「ひのしたかいざん」とも) 武芸や相撲などで、天下に並ぶ者がいないこと。特に、相撲の横綱をいう。また、その人。天下無双。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉六七「今に日の下開山横綱の許しを取るのはあの関取ばかりだといって居ます」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android