コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日乗 にちじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日乗
にちじょう

[生]?
[没]正保2(1645).4.23.
江戸時代の日蓮宗の僧。京都妙満寺第 32世。東叡山寛永寺で『大蔵経』を周閲し,学頭に任じられた。林羅山と交流,論議を戦わせた。著者『玄義考拾記』『文句攬剛』など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にち‐じょう【日乗】

《「乗」は記録の意》日記。日録。「断腸亭日乗

にちじょう【日乗】[人名]

[?~1577]戦国時代の僧。出雲朝山郷の人。織田信長の寵を受け、内裏修造の奉行を務めた。キリスト教を排撃し、信長の面前でイエズス会士フロイスと宗論を交えたが敗れたという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にちじょう【日乗】

〔「乗」は記録の意〕
日記。日録。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日乗の関連キーワードグロチウスディーメンスペックスラーコーツィ家アダム・シャールハンザ同盟都市ヴィスビューグロティウスロトルーキッドグロティウス

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日乗の関連情報