日吉津[村](読み)ひえづ

百科事典マイペディア「日吉津[村]」の解説

日吉津[村]【ひえづ】

鳥取県西部,西伯郡の。北は日本海に面し,西側には日野川が流れる。国道9号が南端をかすめ,東西を横断する国道431号バイパス沿いには大規模な郊外型ショッピングモールが立地し,近隣から多くの買い物客を集めている。大山からの豊富な伏流水を利用した製紙業が盛んで,南部米子市とのには王子製紙米子工場があり村の基幹産業となっている。三方を米子市と接し,米子市への通勤通学者も多い。4.20km2。3339人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「日吉津[村]」の解説

ひえづ【日吉津[村]】

鳥取県西部,西伯郡の村。人口2760(1995)。美保湾に面し,日野川の河口東岸に位置する。全村が低地にあり,海岸沿いの砂堆列と後背湿地からなる。水害多発地帯であったが,1891年県下で最初に耕地整理が実施され,乾田化が進んだ。砂堆列の畑地では,球根栽培が行われる。工業用水の豊富なことや中国山地からの原木集荷が容易なことなどの立地条件に恵まれ,1951年日本パルプ(,王子製紙)米子工場が進出し,工業の中心になっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android