コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由岐 ゆき

2件 の用語解説(由岐の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

由岐
ゆき

徳島県南東部,美波町北東部の旧町域。太平洋に臨む。 1955年三岐田町が阿部村を編入と同時に由岐町に改称して発足。 2006年日和佐町と合体して美波町となった。ほぼ北東-南西方向に延びる細長い山がちの地形。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

由岐
ゆき

徳島県南東部、海部(かいふ)郡にあった旧町名(由岐町(ちょう))。現在は美波(みなみ)町の東部を占める地域。太平洋に臨む。旧由岐町は、1955年(昭和30)三岐田(みきた)町と阿部(あぶ)村が合併して成立。2006年(平成18)日和佐(ひわさ)町と合併して、美波町となった。JR牟岐(むぎ)線が通じる。沿岸は沈降性海岸で出入りに富み、由岐、志和岐(しわぎ)、阿部の各港は天然の良港である。山地が海に迫っているため平地に乏しく、阿部地区は1957年に県道が開通するまでは交通は渡船により、陸の孤島といわれた。海女(あま)によるアワビ取りがあり、「いただきさん」とよばれる頭上運搬の行商で知られた。由岐港の天然の防波堤をなす箆野(ぬの)島などは磯(いそ)釣りで知られる。田井(たい)ノ浜は海水浴場として夏季には臨時駅が設置される。なお、2001年に田井で縄文中期の遺跡が発見された。[高木秀樹]
『『由岐町史』全2巻(1985、1994・由岐町) ▽『由岐町郷土事典』(2004・由岐町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

由岐の関連キーワード日和佐徳島県海部郡美波町阿部徳島県海部郡美波町奥河内徳島県海部郡美波町木岐徳島県海部郡美波町北河内徳島県海部郡美波町志和岐徳島県海部郡美波町田井徳島県海部郡美波町西由岐徳島県海部郡美波町山河内由岐〈町〉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

由岐の関連情報