日暮れて道遠し(読み)ヒクレテミチトオシ

デジタル大辞泉の解説

日(ひ)暮れて道遠し

《「史記」伍子胥伝から》
年を取ってしまったのに、まだ目的を達するまでには程遠いたとえ。
期限は迫っているのに、物事がまだ容易には出来上がらないたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひくれてみちとおし【日暮れて道遠し】

〔史記 伍子胥伝
年を取ってしまったのになすべきことがたくさんあって、目的に達するには程遠いことのたとえ。
期限は迫ったのに、事が完成するまでには程遠いことのたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひ【日】 暮(く)れて道(みち)(とお)

(「史記‐伍子胥伝」の「吾日暮塗遠、吾故倒行而逆施之」による。日は暮れたのに、前途の道のりはまだまだ長いの意から) 年をとったのに目的はまだなかなか達せられないこと、また、期限は迫っているのに物事がまだまだできあがっていないことのたとえ。
※徒然草(1331頃)一一二「一生は雑事の小節にさへられて、空しく暮れなん。日暮、塗(みち)遠し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日暮れて道遠しの関連情報