コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本丸 にっぽんまる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本丸
にっぽんまる

(1) 文禄1 (1592) 年,豊臣秀吉が朝鮮出兵に際し,御座船として九鬼嘉隆に命じて伊勢国 (三重県) の大湊で造らせた大型の安宅 (あたけ) 。船底材の長さ約 25m,肩幅 9.4m,深さ 3mの,当時としては最大級の安宅船で,御座船らしく豪華な装飾の屋形が設けられていた。一説には,同2年に毛利輝元建造した『宮徳丸』のできばえがすばらしく,それに感嘆した秀吉が『日本丸』と改名させたというが,このほうは船の寸法が誇大にすぎるので,確実性に乏しい。 (2) 1930年,帆船練習船として建造された4本マストのバーク型帆船で,姉妹船の『海王丸』とともに世界有数の大型帆船である。両船はそれぞれ 84年,89年に代船が新造された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にっぽん‐まる【日本丸】

日本の航海練習用帆船。昭和5年(1930)、文部省航海練習所所属の商船教育用として建造。海の貴婦人といわれ、昭和60年(1985)以降横浜市の日本丸メモリアルパーク係留。昭和59年(1984)には2世を運輸省航海訓練所所属船として建造。4本マスト、2570総トン、全長100.9メートル。商船大学・商船高専・海員学校が使用。
豊臣秀吉朝鮮侵攻時の軍船。文禄元年(1592)建造。全長99尺(約30メートル)、1500石積み(積載重量220トン)、櫓100丁立てで、当時最大級の安宅船(あたけぶね)

にほん‐まる【日本丸】

にっぽんまる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

日本丸

船の名前などによく使われる「丸」は、古い時代に男性に付けた敬称麻呂」から。したがって日本では船は男性になる。ところが、英語では「クイーンエリザベス」など女性名詞が付けられている。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にほんまる【日本丸】

日本の代表的な練習用帆船。〈にっぽんまる〉が正式の名。初代は1930年神戸の川崎造船所において建造された4本マストのバーク型鋼製帆船。全長97.05m,総トン数2286トン。姉妹船に海王丸がある。商船学校では小型の帆船により船員教育を行ってきたが,海難事故が相次いだため明治後期からは安全性能のすぐれた大型船を使用するようになり,1904年の大成丸(総トン数2423トン),24年の進徳丸(2518トン)に次いで地方公立商船学校の練習船として建造されたのが日本丸と海王丸である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にほんまる【日本丸】

一六世紀末、豊臣秀吉が朝鮮侵攻の際に御座船として伊勢で新造した大安宅船おおあたけぶね。全長約30メートル、一五〇〇石積みで、近世初期の代表的大型軍船。にっぽんまる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の日本丸の言及

【安宅船】より

…なかでも大安宅と呼ばれたものには,全長100尺に余り(30~40m),排水量300トンに及ぶ堂々の大船もあり,織田信長の〈鉄の船〉(火箭(かせん)を防ぐため木船の外面を薄鉄板で覆ったもの。船名不詳)や豊臣秀吉が朝鮮出兵の際にその水軍の旗艦として建造させた日本丸などはことに有名である。ところが徳川家康は,諸大名の保有する安宅船の戦力を恐れ,天下を統一するや,いちはやくそのすべてを没収焼却してしまった。…

【練習船】より

…帆船は操帆訓練などを通じて船員としての身心の錬磨,慣海性など資質の養成および基本的海事技術の修得のための練習船である。日本丸(1984竣工)は,2570総トン,全長110m,4本マストのバーク型で,帆数36枚,総帆面積約2760m2,マスト高さ約55.5mの大型外洋帆装練習船である。漁業練習船は,水産関係の大学・学部や水産高校の学生・生徒の漁業や漁船の運航などの実地練習に用いられる。…

【和船】より

…織田信長がつくらせた〈鉄船〉(船名不詳)の実像もこれである。また豊臣秀吉の朝鮮出兵のために集めた700余艘の水軍船隊の旗艦〈日本丸〉などは,全長34~35m,船体の深さ約3m,天守閣のようなやぐらが2基もそびえ,櫓の数100挺(ちよう),推定排水量300トンに及ぶ堂々の巨船で,これらはとくに大安宅と呼ばれた。(3)安宅丸 1631年(寛永8),すでに隠居して大御所となっていた徳川秀忠が,〈江戸城守護の海上の砦(とりで)となさん〉と,御船手奉行向井将監に命じ,伊豆の伊東で4年の歳月を費やして,秀忠没後の35年(寛永12)に成ったもの。…

※「日本丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本丸の関連キーワード神奈川県横浜市西区みなとみらい日本丸(帆船練習船)大分県日田市豆田町日本丸(朝鮮侵攻)横浜みなと博物館みなとみらい21本田 美禅にっぽん丸山本 武蔵三重(県)航海訓練所岡野真士山本武蔵成川 揆本田美禅梶川良吉黒田節船印漁船浦賀

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本丸の関連情報