コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本鉄道建設公団 にほんてつどうけんせつこうだん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本鉄道建設公団
にほんてつどうけんせつこうだん

1964年3月,日本鉄道建設公団法 (昭和 39年法律3号) に基づいて設立された特殊法人略称,鉄建公団。鉄道網を拡充することによって,産業基盤を整備するとともに各地域間の格差を埋めるのが目的とされた。新幹線をはじめ在来鉄道新線の開設工事を引き受ける。公団は当初,新線鉄道を国鉄へ貸し付けるか,または譲渡することになっていた。新線の建設に必要な資金は政府,民間からの借り入れ,あるいは鉄道建設債券によってまかなう。 1972年から私鉄の建設も手がけた。 1998年 10月に国鉄清算事業団の業務を一部継承。 2003年 10月,運輸施設整備事業団と統合され,独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にほんてつどうけんせつこうだん【日本鉄道建設公団】

鉄道新線の建設を推進するため,1964年3月,政府と国鉄の共同出資で設立された特殊法人。鉄道公団と略称(俗に鉄建公団と呼ばれる)。1922年の鉄道敷設法全面改正で定められた建設予定線178線,1万0220kmは,その後追加されて62年4月には231線,1万2199kmとなった。しかし実際に開業したのは71線,4662kmにとどまっていた。戦時中は工事が中止され,戦後の国鉄には新線建設の余裕がなかったからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本鉄道建設公団
にほんてつどうけんせつこうだん

日本鉄道建設公団法(昭和39年法律3号)に基づいて設立された公団。従来、鉄道は企業自らが建設・改良工事を行ってきたが、資金的に困難となったので、鉄道交通網の整備を図り、経済基盤の強化と地域格差の是正に寄与することを目的とし、1964年(昭和39)3月、政府および日本国有鉄道(現JR)の出資で設立された。主たる業務は鉄道新線建設であるが、このほか、建設した鉄道施設のJRおよびJR以外の民営鉄道への貸付、譲渡、貸し付けた鉄道施設の災害復旧工事などがある。1999年(平成11)8月までに建設し、開業した路線は、99線2620キロメートル、工事線は21線757キロメートルである。なお、1987年4月、国鉄改革法によって、政府および国鉄の出資はなかったものとし資本金を減額、そのほか業務規定などの整備を行った。また1998年10月、国鉄清算事業団の解散に伴い、同事業団の資産および負債を受け継いだ。2003年10月、運輸施設整備事業団と統合し、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構となった。[村木啓介]
『「写真で見る日本鉄道建設公団の歩み」編集プロジェクトチーム編『写真で見る日本鉄道建設公団の歩み』(2003・日本鉄道建設公団)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

日本鉄道建設公団の関連キーワード鉄道建設運輸施設整備支援機構日本国有鉄道清算事業団フリーゲージトレイン本州四国連絡橋公団三陸鉄道(株)特定地方交通線本州四国連絡橋青函トンネル軌間可変電車綾部 健太郎秋田新幹線綾部健太郎岡田 信次整備新幹線公社・公団野岩鉄道仁杉巌会津線財政

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本鉄道建設公団の関連情報