コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日米構造協議 にちべいこうぞうきょうぎ Structual Impediments Initiative; SII

3件 の用語解説(日米構造協議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日米構造協議
にちべいこうぞうきょうぎ
Structual Impediments Initiative; SII

日米両国の対外収支の不均衡是正に向けてマクロ経済政策協調努力を補完するものとして,日米双方が相手国の構造問題を指摘し合い,みずからが必要と考える構造改革に取組むことを目的にした協議。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日米構造協議【にちべいこうぞうきょうぎ】

SII(structural impediments initiative)。日米間の貿易不均衡日米貿易摩擦)の解消を目的とした協議。1985年9月のプラザ合意以降,年間500億ドルの米国の対日貿易赤字は減らなかったため,1989年の日米首脳会談ブッシュ大統領が提案し,開始された。
→関連項目行政手続法大規模小売店舗法談合内外価格差

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日米構造協議
にちべいこうぞうきょうぎ

日米両国次官級の経済協議。SII(structural impediments initiative)とも略す。1985年9月のプラザ合意以降、円高・ドル安の為替調整と、日本側の内需拡大にもかかわらず、アメリカの対日貿易赤字が縮小しないためアメリカ側が提案、89年(平成1)9月に第1回協議を開催。以後2か月に1回開き、1990年6月に最終報告をまとめた。報告では、日本側が1991年から10年間で公共投資を430兆円に拡大するほか、大規模小売店舗法規制緩和や、系列取り引きの排除などを盛り込んだ。1991年以降もフォローアップ(事後点検)会合を開いたが、クリントン政権はG・H・W・ブッシュ政権時代の日米構造協議のかわりに日米包括経済協議を提案、93年夏以降、協議を行った。[森山三雄]
 その後の日米間の経済協議は、1997年からの日米規制緩和対話、2001年の「成長のための日米経済パートナーシップ」、2002年からの規制改革イニシアティブなどに受け継がれている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日米構造協議の関連キーワードSAFSIIレッツII岩石形状学プロヴィトレインstructural-functionalismstructural formulastructural corestructural approach《Methods in Structural Linguistics》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日米構造協議の関連情報