コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明神池 みょうじんいけ

1件 の用語解説(明神池の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明神池
みょうじんいけ

長野県西部,飛騨山脈中の上高地にある小湖。梓川右岸の堰止湖で,穂高岳に続く明神岳の直下にある。湖畔はモミ,シラカバ,コメツガ,シャクナゲなどにおおわれる。湖面標高 1540m。一ノ池,二ノ池,三ノ池に分れるが互いに通じ,三ノ池は 1945年の洪水で土砂が堆積し瀬になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の明神池の言及

【上高地】より

…また梓川の流域はニホンカモシカやツキノワグマなどの野生動物やイワナなどの川魚の宝庫で,冬には狩猟,夏には漁労のため上高地に入る人々も多く,現存する嘉門次小屋は,猟師小屋の典型であった。明治中ごろから昭和初めまで徳沢から明神池,小梨平にかけて,国有林を借りて夏の間牛が放牧されていたが,上高地の観光地化とともに廃止された。その際利用された牛番小屋が徳沢園である。…

※「明神池」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明神池の関連情報