コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春山作樹 はるやまさくき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春山作樹
はるやまさくき

[生]1875. 大阪
[没]1935.12.29. 東京
教育学者。 1900年東京大学卒業,同大学院で教育学を専攻。 04年広島高等師範教授。 11~15年ドイツ,イギリス,アメリカに留学。 19年東京大学教授。 20年文学博士。日本教育史研究を専門とし,教育は民族文化継承の社会的活動であるという立場に立ち,学校教育だけでなく家庭教育,社会教育をも重視した。特に,社会の成熟に伴って順次,僧侶,貴族,武士,町人階級を主役とする教育の型が生起したとする,類型史的な日本教育史観は,その後の教育史研究に大きな影響を与えた。主著『教育学概論』 (1924) ,『王朝教育史資料』 (30) ,『江戸時代の教育』 (32) ,『教育学講義』 (34) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春山作樹 はるやま-さくき

1876-1935 明治-昭和時代前期の教育学者。
明治9年8月13日生まれ。春山弟彦の次男。明治37年広島高師教授となり,欧米留学をへて,大正8年母校東京帝大の教授。社会教化の見地から日本教育史を研究した。昭和10年12月29日死去。60歳。大阪出身。著作に「教育学講義」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

春山作樹
はるやまさくき
(1876―1935)

教育学者。大阪生まれ。1900年(明治33)東京帝国大学哲学科卒業。広島高等師範学校教授を経て、1919年(大正8)東京帝国大学教授。教育を社会の同化作用とする幅広い見地から、日本教育史の研究に努め、その類型史的方法は後学に大きな影響を与えた。昭和10年12月29日没。主著に『王朝教育史資料』(1930)、『教育学講義』(1934)がある。[三原芳一]
『春山作樹教育論集刊行委員会編『日本教育史論』(1979・国土社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

春山作樹の関連キーワード山中貞雄斎藤寅次郎成瀬巳喜男日本浪曼派五所平之助島津保次郎清水宏稲垣浩キューカー治安維持法

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android