コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時実利彦 ときざねとしひこ

百科事典マイペディアの解説

時実利彦【ときざねとしひこ】

生理学者。岡山県出身。1934年東京帝国大学医学部卒。橋田邦彦の生理学教室で日本語母音の解析,1951年には筋電計の国産1号を試作,筋電図学会設立。1954年アメリカに留学し,実験生理学の手法を日本に導入。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

時実利彦 ときざね-としひこ

1909-1973 昭和時代の脳生理学者。
明治42年9月4日生まれ。昭和31年東大教授。のち東大脳研究施設長,京大霊長類研究所教授を兼任。筋電図学会,日本脳波学会を設立,脳生理学の発展と啓蒙につとめる。45年脳波学会としての脳死判定基準をまとめた。昭和48年8月3日死去。63歳。岡山県出身。東京帝大卒。著作に「脳の話」「脳と人間」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ときざねとしひこ【時実利彦】

1909‐73(明治42‐昭和48)
脳生理学者。岡山県和気郡生まれる。1934年東京帝国大学医学部卒業後,生理学教室に入り,橋田邦彦の指導のもとに日本語母音の解析を始めた。その後,筋肉運動の研究に入り,51年筋電計の国産第1号を試作。54年アメリカに留学し,実験生理学の手法を導入し,第2次大戦後の日本の脳生理学興隆に中心的役割を演じた。この間,東大付属医学専門部教授として1945年から50年まで生理学を教え,以後,医学部講師・助教授を経て56年東大付属脳研究施設教授に就任し,62年同所長となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

時実利彦の関連キーワードテンプル日本製鉄神風連国語審議会タム東郷平八郎大川岩ソーダサニディン岩田原総一朗影なき男

時実利彦の関連情報