コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時実利彦 ときざねとしひこ

3件 の用語解説(時実利彦の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

時実利彦【ときざねとしひこ】

生理学者。岡山県出身。1934年東京帝国大学医学部卒。橋田邦彦の生理学教室で日本語母音の解析,1951年には筋電計の国産1号を試作,筋電図学会設立。1954年アメリカに留学し,実験生理学の手法を日本に導入。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

時実利彦 ときざね-としひこ

1909-1973 昭和時代の脳生理学者。
明治42年9月4日生まれ。昭和31年東大教授。のち東大脳研究施設長,京大霊長類研究所教授を兼任。筋電図学会,日本脳波学会を設立,脳生理学の発展と啓蒙につとめる。45年脳波学会としての脳死判定基準をまとめた。昭和48年8月3日死去。63歳。岡山県出身。東京帝大卒。著作に「脳の話」「脳と人間」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ときざねとしひこ【時実利彦】

1909‐73(明治42‐昭和48)
脳生理学者。岡山県和気郡生まれる。1934年東京帝国大学医学部卒業後,生理学教室に入り,橋田邦彦の指導のもとに日本語母音の解析を始めた。その後,筋肉運動の研究に入り,51年筋電計の国産第1号を試作。54年アメリカに留学し,実験生理学の手法を導入し,第2次大戦後の日本の脳生理学興隆に中心的役割を演じた。この間,東大付属医学専門部教授として1945年から50年まで生理学を教え,以後,医学部講師・助教授を経て56年東大付属脳研究施設教授に就任し,62年同所長となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

時実利彦の関連キーワード北海道新幹線今官一安藤俊雄亀井光沢村三木男深尾茂村田潔山崎景則祐田善雄米原昶

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

時実利彦の関連情報