コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋田邦彦 はしだくにひこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橋田邦彦
はしだくにひこ

[生]1882.5.15. 鳥取
[没]1945.9.14. 東京
医学者。 1908年東京帝国大学医科大学卒業後,同生理学教室の助手となり,14~18年ストラスブール大学,チューリヒ大学に留学して生理学を研究し,21年母校の教授となる。のちに第一高等学校校長を兼任。生理学の分野で電気生理学および生化学の確立に功績を残した。さらに,陽明学や『正法眼蔵』の研究で得た知見をもとに独自の教育理念を示し,近衛文麿新体制運動に参画して,40~43年は文部大臣をつとめた。第2次世界大戦後,戦争責任を追及され,東京裁判に出頭を求められた朝,服毒自殺した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋田邦彦 はしだ-くにひこ

1882-1945 大正-昭和時代前期の生理学者,教育行政家。
明治15年3月15日生まれ。藤田敏彦の弟。ヨーロッパに留学後,母校東京帝大の教授となり,実験生理学を導入。第2・第3次近衛内閣と東条内閣の文相をつとめ,第二次大戦中の教育行政を推進した。昭和20年9月戦犯に指名され,14日服毒自殺。64歳。鳥取県出身。旧姓は藤田。著作に「行としての科学」など。
【格言など】いくそたび生まれ生まれて日の本の学びの道を護り立てなむ(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はしだくにひこ【橋田邦彦】

1882‐1945(明治15‐昭和20)
生理学者。鳥取県に生まれる。東京帝国大学卒業。1914‐18年ヨーロッパに留学,22年東京帝国大学教授。実験生理学を専攻し,生物電気の発生に関する研究が多い。40‐43年近衛内閣・東条内閣の文相,44年教学練成所長をつとめた。国民学校令公布をはじめ一連の戦時教育政策の責任者で,芸術院創設や文化勲章制定にも当たった。敗戦直後自決。小学校の国民学校への改革は,国粋主義思想の鼓吹科学技術政策の推進という戦時の国家要求を,義務教育制度の分野で具体化することをめざしていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はしだくにひこ【橋田邦彦】

1882~1945) 生理学者・教育行政家。鳥取県生まれ。号は無適。東大教授・一高校長。陽明学・正法眼蔵をも研究。近衛・東条両内閣の文部大臣を歴任。敗戦後戦犯の容疑を受け自殺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橋田邦彦
はしだくにひこ
(1882―1945)

生理学者、教育行政家。鳥取市生まれ。本姓を藤田といい、16歳のとき橋田家の養嗣子(しし)となった。1908年(明治41)東京帝国大学医科大学を卒業、同大学生理学教室助手となり、生理学を研究。1914年(大正3)ドイツ、スイスに留学、1918年に帰国、母校の生理学助教授となり、1921年医学博士号を取得、翌1922年教授に任ぜられた。生物電気の発生に関する実験を行い、多くの研究論文を発表した。1937年(昭和12)には第一高等学校長を兼任、1940年に第二次近衛文麿(このえふみまろ)内閣の文部大臣に就任、次の東条英機(とうじょうひでき)内閣でも留任し、この間に国民学校令の公布、『臣民の道』の刊行、「戦時家庭教育指導要項」や中学・高校の年限短縮の決定など、第二次世界大戦中の教育行政を担当し、1943年に退任した。戦後、戦犯の容疑を受け、昭和20年9月14日、服毒自殺した。[大鳥蘭三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の橋田邦彦の言及

【国民精神文化研究所】より

…この研究生指導科は〈転向〉学生・生徒が減少した38年に活動を中止している。第2次大戦の激化とともに,研究機能よりも研修機能が重視され,43年11月に前年発足の国民錬成所と統合されて教学錬成所(初代所長橋田邦彦)に改組された。戦後,その施設や図書を含む什器類の多くは,国立教育研修所を経て,国立教育研究所に引き継がれた。…

※「橋田邦彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

橋田邦彦の関連キーワード坂本 嶋嶺内山 孝一3月15日本川 弘一内山孝一本川弘一杉靖三郎藤田敏彦時実利彦科学

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android