コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋田邦彦 はしだくにひこ

6件 の用語解説(橋田邦彦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橋田邦彦
はしだくにひこ

[生]1882.5.15. 鳥取
[没]1945.9.14. 東京
医学者。 1908年東京帝国大学医科大学卒業後,同生理学教室の助手となり,14~18年ストラスブール大学チューリヒ大学に留学して生理学を研究し,21年母校の教授となる。のちに第一高等学校校長を兼任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はしだ‐くにひこ【橋田邦彦】

[1882~1945]生理学者・教育行政家。鳥取の生まれ。東大教授。生物電気を研究。近衛・東条両内閣の文相を歴任し、第二次大戦後、戦犯の指名を受け自殺した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋田邦彦 はしだ-くにひこ

1882-1945 大正-昭和時代前期の生理学者,教育行政家。
明治15年3月15日生まれ。藤田敏彦の弟。ヨーロッパに留学後,母校東京帝大の教授となり,実験生理学を導入。第2・第3次近衛内閣と東条内閣の文相をつとめ,第二次大戦中の教育行政を推進した。昭和20年9月戦犯に指名され,14日服毒自殺。64歳。鳥取県出身。旧姓は藤田。著作に「行としての科学」など。
【格言など】いくそたび生まれ生まれ日の本の学びの道を護り立てなむ(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

はしだくにひこ【橋田邦彦】

1882‐1945(明治15‐昭和20)
生理学者。鳥取県に生まれる。東京帝国大学卒業。1914‐18年ヨーロッパに留学,22年東京帝国大学教授。実験生理学を専攻し,生物電気の発生に関する研究が多い。40‐43年近衛内閣東条内閣の文相,44年教学練成所長をつとめた。国民学校令公布をはじめ一連の戦時教育政策の責任者で,芸術院創設や文化勲章制定にも当たった。敗戦直後自決。小学校国民学校への改革は,国粋主義思想の鼓吹と科学技術政策の推進という戦時の国家要求を,義務教育制度の分野で具体化することをめざしていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はしだくにひこ【橋田邦彦】

1882~1945) 生理学者・教育行政家。鳥取県生まれ。号は無適。東大教授・一高校長。陽明学・正法眼蔵をも研究。近衛・東条両内閣の文部大臣を歴任。敗戦後戦犯の容疑を受け自殺。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橋田邦彦
はしだくにひこ
(1882―1945)

生理学者、教育行政家。鳥取市生まれ。本姓を藤田といい、16歳のとき橋田家の養嗣子(しし)となった。1908年(明治41)東京帝国大学医科大学を卒業、同大学生理学教室助手となり、生理学を研究。1914年(大正3)ドイツ、スイスに留学、1918年に帰国、母校の生理学助教授となり、1921年医学博士号を取得、翌1922年教授に任ぜられた。生物電気の発生に関する実験を行い、多くの研究論文を発表した。1937年(昭和12)には第一高等学校長を兼任、1940年に第二次近衛文麿(このえふみまろ)内閣の文部大臣に就任、次の東条英機(とうじょうひでき)内閣でも留任し、この間に国民学校令の公布、『臣民の道』の刊行、「戦時家庭教育指導要項」や中学・高校の年限短縮の決定など、第二次世界大戦中の教育行政を担当し、1943年に退任した。戦後、戦犯の容疑を受け、昭和20年9月14日、服毒自殺した。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の橋田邦彦の言及

【国民精神文化研究所】より

…この研究生指導科は〈転向〉学生・生徒が減少した38年に活動を中止している。第2次大戦の激化とともに,研究機能よりも研修機能が重視され,43年11月に前年発足の国民錬成所と統合されて教学錬成所(初代所長橋田邦彦)に改組された。戦後,その施設や図書を含む什器類の多くは,国立教育研修所を経て,国立教育研究所に引き継がれた。…

※「橋田邦彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

橋田邦彦の関連キーワード佐々木隆興柴田桂太白鳥庫吉帝国大学松本亦太郎馬淵東一志田順時実利彦東京帝国大学東京帝国大学セツルメント

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone