コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普勧坐禅儀 ふかんざぜんぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普勧坐禅儀
ふかんざぜんぎ

道元の著書。1巻。嘉禄3 (1227) 年成立。宋から帰国して最初に書かれた。坐禅の法規を明らかにし,諸人に坐禅をすすめる書。坐禅は解脱のための手段ではなく,大悟したのちもなすべき修行として大切なものであることを強調する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふかんざぜんぎ〔フクワンザゼンギ〕【普勧坐禅儀】

鎌倉時代の仏教書。1巻。道元著。安貞元年(1227)作。座禅こそ仏道の正門であると、その実践を強調したもの。道元がから帰国して最初に書いたもので、日本曹洞宗の根底をなす書物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふかんざぜんぎ【普勧坐禅儀】

道元が宋から帰国した1227年(安貞1)に著した,開教伝道の宣言書ともいうべきもの。1巻。《普勧坐禅儀撰述由来》によれば,参学の弟子の求めに応じて書かれたもので,それ以前に広く流布していた《禅苑清規(ぜんおんしんぎ)》に不満をもっていた道元が,《百丈清規》の精神,すなわち唐代の古風禅の精神を伝える意図を込めて書いたという。本文は四六駢儷(べんれい)体の格調高い名文で,坐禅の意義,伝統,心得,方法,功徳などを記した,日本における最初の本格的な坐禅儀である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふかんざぜんぎ【普勧坐禅儀】

仏教書。一巻。道元著。1227年成立。座禅の精神と方法を説き、僧俗あらゆる人にその実践を勧める。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

普勧坐禅儀の関連キーワード福井県吉田郡永平寺町志比福井県吉田郡永平寺町大本山永平寺原田 祖岳瑠璃聖宝閣橋本 恵光原田祖岳鎌倉時代橋本恵光永平寺秦慧玉一巻

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android