コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普勧坐禅儀 ふかんざぜんぎ

4件 の用語解説(普勧坐禅儀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普勧坐禅儀
ふかんざぜんぎ

道元の著書。1巻。嘉禄3 (1227) 年成立。宋から帰国して最初に書かれた。坐禅の法規を明らかにし,諸人に坐禅をすすめる書。坐禅は解脱のための手段ではなく,大悟したのちもなすべき修行として大切なものであることを強調する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふかんざぜんぎ〔フクワンザゼンギ〕【普勧坐禅儀】

鎌倉時代の仏教書。1巻。道元著。安貞元年(1227)作。座禅こそ仏道の正門であると、その実践を強調したもの。道元がから帰国して最初に書いたもので、日本曹洞宗の根底をなす書物。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふかんざぜんぎ【普勧坐禅儀】

道元が宋から帰国した1227年(安貞1)に著した,開教伝道の宣言書ともいうべきもの。1巻。《普勧坐禅儀撰述由来》によれば,参学の弟子の求めに応じて書かれたもので,それ以前に広く流布していた《禅苑清規(ぜんおんしんぎ)》に不満をもっていた道元が,《百丈清規》の精神,すなわち唐代の古風禅の精神を伝える意図を込めて書いたという。本文は四六駢儷(べんれい)体の格調高い名文で,坐禅の意義,伝統,心得,方法,功徳などを記した,日本における最初の本格的な坐禅儀である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふかんざぜんぎ【普勧坐禅儀】

仏教書。一巻。道元著。1227年成立。座禅の精神と方法を説き、僧俗あらゆる人にその実践を勧める。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

普勧坐禅儀の関連キーワード渓道元今津加藤景正安貞了然東長寺天草1号詮慧了然尼ロイーブ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

普勧坐禅儀の関連情報