コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智頭[町] ちづ

世界大百科事典 第2版の解説

ちず【智頭[町]】

鳥取県南東部,八頭(やず)郡の町。人口1万0082(1995)。千代(せんだい)川の上流域に位置する。町域の多くを中国山地が占め,東山,那岐(なぎ)山などの山々がそびえる。千代川支流土師(はじ)川,新見川の合流点の小盆地に中心集落の智頭があり,古くから山陰と山陽,近畿を結ぶ交通の要地として発達した。近世は戸数約200,駅馬22匹が置かれた宿駅で,六斎市が立ち,茶,紙などの取引でにぎわった。藩政初期から造林が盛んで智頭杉の産地として知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の智頭[町]の言及

【鳥取[県]】より

…鳥取県はかつては因伯牛の産地として知られたが,1957年を境に衰退し,代わって酪農,養豚,養鶏の比重が高まっている。林野は県域の3/4(1995)を占め,なかでも現,智頭(ちず)町は江戸時代以来,西日本有数の林業地で,製材工場が数多く立地している。かつて盛んだった木炭の生産は衰退し,近年は山村でシイタケ栽培が活発である。…

※「智頭[町]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

智頭[町]の関連キーワード氷ノ山後山那岐山国定公園