コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暁台 キョウタイ

世界大百科事典 第2版の解説

きょうたい【暁台】

1732‐92(享保17‐寛政4)
江戸中期の俳人。姓は加藤,幼名は仲八,通称は平兵衛,本名は周挙,初号は他朗,別号は買夜,暮雨巷(ぼうこう)。名古屋の人。尾張徳川家に仕えたが28歳のとき辞職した。俳諧は20歳のころ巴雀の門に入り,巴雀没後はその子白尼について学んだ。《蛙啼(あてい)集》(1763)ではじめて暁台を名のり,名古屋を中心に〈暮雨巷〉と称する一派を形成した。1774年(安永3)から数年間,しばしば京都に上って蕪村と交わり,そのころの句はとくにすぐれたものが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

暁台
きょうたい
(1732―1792)

江戸中期の俳人。姓は加藤あるいは久村(くむら)。幼名仲八。通称平兵衛。本名周挙(かねたか)。別号暮雨巷(ぼうこう)、買夜(ばいや)、後一(ごいち)、竜門(りゅうもん)。名古屋に生まれ、尾張(おわり)徳川家に仕えたが、江戸在勤中の27歳の春、辞職して俳諧(はいかい)に専念するようになる。俳諧は初め巴雀(はじゃく)に学んで他朗と号し、巴雀の没後はその子白尼(はくに)について買夜と号した。『蛙啼集(あていしゅう)』(1763)で初めて暁台と名のり、以後名古屋で暮雨巷と称する一派を形成し、1772年(安永1)には連句集『秋の日』を刊行して芭蕉(ばしょう)の風を復興する意図を明らかにして、いわゆる中興俳諧の先駆者となった。74年から数年間しばしば京都へ上って蕪村(ぶそん)と交わり、また芭蕉百回忌取越追善(とりこしついぜん)の正式俳諧を主催したり、二条家に召されて俳諧宗匠の免状を受けたりして名声を高めた。寛政(かんせい)4年1月20日、「梅林に夜のほこりや薄曇り」の句を残し、京都で没した。高雅優美で多様な作風を示し、蕪村と並んで中興俳諧の代表的俳人とされている。また『去来抄』『熱田三歌仙』の翻刻などによって、芭蕉俳諧の研究、普及にも功績があった。[山下一海]
 九月尽(くぐわつじん)はるかに能登の岬(みさき)かな
『山下一海著『中興期俳諧の研究』(1965・桜楓社) ▽伊藤東吉著『暁台の研究』(1976・藤園堂書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

暁台 (きょうたい)

生年月日:1732年9月1日
江戸時代中期の俳人
1792年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の暁台の言及

【宗匠】より

…西山宗因は里村家の推挙で大坂の天満宮連歌所宗匠となった。俳諧では,花の本宗匠の号を貞徳,貞室が免許されたという伝えがあるが,確実には,1790年(寛政2)暁台(きようたい)が二条家から免許され,闌更(らんこう),蒼虬(そうきゆう),鳳朗(ほうろう),梅室らへと継承されたものが知られている。しかし,俳諧での宗匠の称は,第一人者の意ではなく,通常は連句興行の場で〈一座の長にして文台をさばく人〉(《誹諧名目抄》)の意であった。…

※「暁台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

暁台の関連キーワード三津川于当五味可都里円珠庵羅城小見山天老二木白図桜田臥央笹屋騏六竹内塊翁木村騏道寺村百池鶴田卓池渡辺岱青生年月日武藤白尼山本以南井上士朗貸し小袖藤森素檗久村暁台加藤暁台

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android