コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暉峻康隆 てるおか やすたか

1件 の用語解説(暉峻康隆の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

暉峻康隆 てるおか-やすたか

1908-2001 昭和-平成時代の国文学者。
明治41年2月1日生まれ。昭和23年から53年まで母校早大の教授。近世文学を研究。37年ごろ「女子学生亡国論」でマスコミをにぎわせた。洒脱(しゃだつ)な話術でも知られる。60年第1回東京都文化賞。平成8年現代俳句協会大賞。平成13年4月2日死去。93歳。鹿児島県出身。俳号は桐雨。著作に「西鶴―評論と研究」「芭蕉の俳諧」「蕪村論」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

暉峻康隆の関連キーワードアトリエ・ワンみかんぐみ監獄法レーンキープサポートシステム中国婚姻法ホ ジノ早稲田文学新聞小説松浦亜弥安藤希

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone