コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暉峻康隆 てるおか やすたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

暉峻康隆 てるおか-やすたか

1908-2001 昭和-平成時代の国文学者。
明治41年2月1日生まれ。昭和23年から53年まで母校早大の教授近世文学研究。37年ごろ「女子学生亡国論」でマスコミをにぎわせた。洒脱(しゃだつ)な話術でも知られる。60年第1回東京都文化賞。平成8年現代俳句協会大賞。平成13年4月2日死去。93歳。鹿児島県出身。俳号は桐雨。著作に「西鶴評論と研究」「芭蕉俳諧」「蕪村論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

暉峻康隆の関連キーワード野間 光辰西鶴置土産好色五人女早稲田文学好色一代男男色大鑑井原西鶴曲亭馬琴仮名草子滑稽本

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android