コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲彔/曲椂 キョクロク

デジタル大辞泉の解説

きょく‐ろく【曲×彔/曲×椂】

法会(ほうえ)の際などに僧が用いる椅子(いす)。背のよりかかりを半円形げ、脚をX字形に交差させたものが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きょくろく【曲彔】

椅子(いす)の一種。曲禄,曲とも書く。背もたれの笠木がカーブしているか,または背もたれとひじ掛けとがカーブした1本の棒でつながっていることが特徴である。曲彔という言葉は曲彔木の略で,彔は木をはつるという意味であるから,木をはつってカーブをつくった椅子ということになる。脚が折りたたみ式の交椅(こうい),座が円形の円椅(えんい),方形の方椅(ほうい)などがある。交椅は胡床,摺畳椅(たたみあぐら)ともよばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょくろく【曲彔】

法会ほうえの際、使用する椅子。背もたれが丸く曲げてあり、四脚は前後を交差させて作り、折り畳めるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

きょくろく【曲彔】

法要などで導師が座る椅子(いす)。背もたれに曲線状の木を使い、座面には布や皮を張り、脚は朱・黒塗りで、蒔絵(まきえ)を施すこともある。鎌倉時代禅宗とともに宋(そう)から伝わった。折りたたみ脚のものを交椅(こうい)、固定脚のものを円椅(えんい)という。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


きょくろく

主として僧侶(そうりょ)が使う椅子(いす)の一種。背もたれの笠木(かさぎ)が曲線を描いているか、または背もたれと肘掛(ひじか)けとが曲線を描いた1本の棒でつながっているのが特徴である。曲ということばは曲木の略で、は木を削(はつ)る(そぎ落とす)の意であるから、木を削って曲線をつくった椅子ということになる。鎌倉時代に中国から渡来したもので、最初は禅林で用いられたが、のちには他の宗派でも、また一般でも使うようになった。とくに桃山時代には大流行した。[小泉和子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の曲彔/曲椂の言及

【いす(椅子)】より

…鎌倉・室町時代には禅宗の移入とともにいすが再び中国からもたらされ,種類も多くなり,禅僧が多くこれを用いた。中でも曲彔(きよくろく)が流行し,自然木を利用したいすや竹いすなども作られた。禅堂では,四脚形式のものは上に趺座し,交椅は腰掛け,背もたれには法被を掛け承足を置いた。…

※「曲彔/曲椂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

曲彔/曲椂の関連キーワードハンス・J. ウェグナー法要笠木方形法会座彔飾る四脚

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android