コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲彔/曲椂 キョクロク

5件 の用語解説(曲彔/曲椂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょく‐ろく【曲×彔/曲×椂】

法会(ほうえ)の際などに僧が用いる椅子(いす)。背のよりかかりを半円形に曲げ、脚をX字形に交差させたものが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きょくろく【曲彔】

椅子(いす)の一種。曲禄,曲とも書く。背もたれの笠木がカーブしているか,または背もたれとひじ掛けとがカーブした1本の棒でつながっていることが特徴である。曲彔という言葉は曲彔木の略で,彔は木をはつるという意味であるから,木をはつってカーブをつくった椅子ということになる。脚が折りたたみ式の交椅(こうい),座が円形の円椅(えんい),方形の方椅(ほうい)などがある。交椅は胡床,摺畳椅(たたみあぐら)ともよばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょくろく【曲彔】

法会ほうえの際、使用する椅子。背もたれが丸く曲げてあり、四脚は前後を交差させて作り、折り畳めるもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

きょくろく【曲彔】

法要などで導師が座る椅子(いす)。背もたれに曲線状の木を使い、座面には布や皮を張り、脚は朱・黒塗りで、蒔絵(まきえ)を施すこともある。鎌倉時代に禅宗とともに宋(そう)から伝わった。折りたたみ脚のものを交椅(こうい)、固定脚のものを円椅(えんい)という。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


きょくろく

主として僧侶(そうりょ)が使う椅子(いす)の一種。背もたれの笠木(かさぎ)が曲線を描いているか、または背もたれと肘掛(ひじか)けとが曲線を描いた1本の棒でつながっているのが特徴である。曲ということばは曲木の略で、は木を削(はつ)る(そぎ落とす)の意であるから、木を削って曲線をつくった椅子ということになる。鎌倉時代に中国から渡来したもので、最初は禅林で用いられたが、のちには他の宗派でも、また一般でも使うようになった。とくに桃山時代には大流行した。[小泉和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の曲彔/曲椂の言及

【いす(椅子)】より

…鎌倉・室町時代には禅宗の移入とともにいすが再び中国からもたらされ,種類も多くなり,禅僧が多くこれを用いた。中でも曲彔(きよくろく)が流行し,自然木を利用したいすや竹いすなども作られた。禅堂では,四脚形式のものは上に趺座し,交椅は腰掛け,背もたれには法被を掛け承足を置いた。…

※「曲彔/曲椂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

曲彔/曲椂の関連キーワード回転椅子座椅子三脚椅子畳み椅子電気椅子籐椅子長椅子寝椅子肘掛椅子