コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉佩孚 ごはいふ Wu Pei-fu; Wu P`ei-fu

8件 の用語解説(呉佩孚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉佩孚
ごはいふ
Wu Pei-fu; Wu P`ei-fu

[生]同治13(1874)
[没]1939.12.4. 北京
中国,民国初期の軍閥。山東省蓬莱県の人。清末に北洋第3鎮 (民国以後は第3師) の軍人となり,曹こんの部下として活躍し,1919年第3師長に昇進。 1920年安直戦争段祺瑞の軍を破り,1922年第1次奉直戦争張作霖に勝ち,直隷派軍閥の巨頭として北京を支配し,1923年京漢鉄道ストライキを武力弾圧した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ご‐はいふ【呉佩孚】

[1874~1939]中国の軍人。蓬莱(ほうらい)(山東省)の人。字(あざな)は子玉。北洋軍閥直隷派の総帥。第一次奉直戦争奉天派を破ったが、第二次奉直戦争、国民党北伐に敗れて引退。ウー=ペイフー。

ウー‐ペイフー【呉佩孚】

ごはいふ(呉佩孚)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

呉佩孚【ごはいふ】

中国,清末・民国初期の軍閥。山東省の人。清末に北洋第3鎮統制曹【こん】(そうこん)の信を得,1919年曹の後を継ぎ第3師長。1921年安直戦争,1922年第1次奉直戦争に勝利。
→関連項目土肥原賢二

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

呉佩孚 ご-はいふ

1874-1939 中国の軍人,政治家。
同治13年3月7日生まれ。直隷総督袁世凱(えん-せいがい)傘下の曹錕(そう-こん)にしたがい,勢力をきずく。1923年不正選挙で曹錕大総統を実現させる。日中戦争中は日本軍に非協力でとおした。1939年12月4日死去。66歳。山東省出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ごはいふ【呉佩孚 Wú Pèi fú】

1874‐1939
中国の軍閥,山東省蓬萊県の人。字は子玉。23歳で生員,のち保定軍官学校へ進み,曹錕(そうこん)の下で頭角をあらわした。直隷派の驍将として同派の政権掌握(1920‐24)に功があった。1923年の二・七虐殺(京漢鉄道ストライキ)にみられるように,軍閥支配者の本質は不変だが,たびたびの平和提案など,時局の趨向に投ずることに長じ,軍閥のなかではかなり人気があった。北伐軍に敗れて第一線を退き,のち日本の担ぎ出し工作には応じなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごはいふ【呉佩孚】

1872?~1939) 中国、北洋軍閥直隷派の領袖りようしゆう。中国の華北を支配したが、北伐軍に追われて、政界を引退した。ウー=ペイフー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呉佩孚
ごはいふ / ウーペイフー
(1872―1939)

中国、山東(さんとう/シャントン)省出身の政治家。若くして軍隊に投じ、のち保定武備学堂を卒業。袁世凱(えんせいがい)部下の軍閥曹(そうこん/ツァオクン)をかつぎ、中華民国以後の軍閥混戦のなかで、直隷派(ちょくれいは)として大きな勢力を築き上げた。まず1920年、日本に後押しされた安徽(あんき)派の段祺瑞(だんきずい/トワンチールイ)を追い(安直戦争)、1922年にはやはり日本の影響下にあった奉天派の張作霖(ちょうさくりん/チャンツオリン)を追って(第一次奉直戦争)、賄賂(わいろ)選挙によって曹大総統を実現し、北京(ペキン)政界に重きをなした。1923年、京漢(けいかん)線の鉄道労働者のストライキに大弾圧を加え、共産党員林祥謙を焼き殺した。1924年、ふたたび奉天派と戦ったが、馮玉祥(ふうぎょくしょう/フォンユイシヤン)の寝返りで敗退(第二次奉直戦争)。その後は再起することができず、1932年から北京に隠棲(いんせい)した。日本軍占領下で一時傀儡(かいらい)政権に参加させられたが、名目だけにとどまって、いっさい協力せず、抗日戦争中に病死した。[安藤彦太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の呉佩孚の言及

【京漢鉄道ストライキ】より

…1923年2月1日,当時中国最大の鉄道だった京漢鉄道(北京~漢口間)の労働者が総工会結成の大会を鄭州で挙行した。同鉄道を支配する直隷軍閥の呉佩孚(ごはいふ)はこの大会を武力で解散させ,2月4日以来全線で抗議のストライキに突入したのに対し,2月7日,軍隊を出動させて大弾圧を加えた。総工会本部のあった漢口の江岸鉄道工場で32人の労働者が殺されたほか,鄭州,長辛店など工会の各拠点が襲われ,全線で死者40人以上,負傷者数百人,被投獄者40人以上,被解雇者1000人以上という犠牲を出した。…

※「呉佩孚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

呉佩孚の関連キーワード山東省戚継光陳炯明南燕葉剣英子有曽参唐継尭臧克家

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone