コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棟別銭 むねべつせん

6件 の用語解説(棟別銭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

棟別銭
むねべつせん

「むねべちせん」とも読む。鎌倉~戦国時代に行われた家を対象とした臨時課税の一つ。朝廷,幕府,大寺社などが,皇居,将軍邸,社寺,橋梁などの造営,修理の費用にあてるため,全国あるいは特定の国,荘園に棟ごとに賦課した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むねべつ‐せん【棟別銭】

中世、家屋の棟数別に賦課された税。初めは寺社や朝廷の修造のために臨時に課されたが、室町中期以後はしだいに定期的なものになった。また、大名や荘園領主にも領内で課する者があった。むなべつせん。むねべちせん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

棟別銭【むなべちせん】

〈むなべつせん〉とも読む。棟役とも。中世,家屋の棟数別に賦課された臨時の課税。社寺・朝廷の造営・修復などのため,全国または特定の国郡に賦課された。室町期には恒常的な課税へと変化し,段銭とともに幕府の財源となった。
→関連項目地口銭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

むなべちせん【棟別銭】

〈むねべつせん〉〈むなべつせん〉とも読み,〈棟役(むねやく)〉ともいう。鎌倉時代後半から戦国時代にかけて見られた家屋税。家屋の棟数に応じて賦課された。社寺の修造をおもな目的とするが,朝廷の費用や橋の築造に充てる場合もある。13世紀末,勧進に代わる社寺の造営費用調達の方法として,創設された。全国的なものや特定の国に課すものなどさまざまで,たとえば13世紀末の東寺や東大寺食堂(じきどう)の造営は全国的なものであるのに対して,14世紀初頭の甲斐国大善寺再興の場合は甲斐・信濃を対象としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むねべつせん【棟別銭】

中世に行われた、家屋の棟数を基準とする課税。当初は天皇の御所や特定の大寺社の建造・修理の際に朝廷が指定する国郡に課せられていたが、南北朝以降、領主(特に戦国大名)がその領民から徴収する租税の一部に組み込まれるようになった。むねべちせん。むねわけぜに。むなべつせん。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

棟別銭
むねべつせん

中世の課税の一種。「むなべちせん」とも読む。家屋(棟)単位に課せられたのでこの称があり、鎌倉時代から朝廷が寺社や禁裏の造営のために国を特定して課したことは、段銭(たんせん)と同様である。室町時代には幕府、ついで守護がこの賦課の権限を継承し、戦国大名は恒常的な税目とした。棟別銭は段銭とともに、戦国大名が課する諸税のなかではその中心に位置づけられた。後北条(ごほうじょう)氏は一間(軒)別50文であった棟別銭を、1550年(天文19)に35文に軽減し、段銭、懸銭(かけせん)とともに税制の柱に据えている。武田氏の領国では一間別200文と多かったが、50文から100文が一般的であった。しかし石高(こくだか)制の成立によって屋敷地も高附(たかづ)けされ、年貢賦課の対象に組み込まれたため、棟別銭は消滅した。[村田修三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の棟別銭の言及

【棟別銭】より

…しかし関東御分国など地域によっては,守護が一括徴収する場合もある。室町時代に入ると,棟別銭の賦課を許可する権限は室町幕府に移ったが,徴収方法は前代のものを踏襲している。たとえば15世紀初頭,東寺修理費用を目的として,越中・丹後から10文ずつの棟別銭徴収が許可され,東寺の派遣した使者が荘郷ごとに徴収を行おうとしたが,武家領の給人をはじめとする現地の抵抗によって徴収は困難を極めた。…

※「棟別銭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

棟別銭の関連キーワードスポーツセンター念仏銭間別銭律旋一筆箋特別清算指数ウナベツスキー場かつ泉平場戦/特別戦北海道三笠市幾春別千住町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone