有田=クレーギー会談(読み)ありたクレーギーかいだん

百科事典マイペディアの解説

有田=クレーギー会談【ありたクレーギーかいだん】

1939年6月の天津英仏租界封鎖問題を解決するために7月15日より東京で開かれた有田八郎外相と駐日英国大使クレーギーとの会談。軍部を中心とする日独伊三国同盟強行派は右翼と通じて排英運動をあおったが,英国の譲歩で7月22日協定が成立した。しかし同月26日突如米国が日米通商航海条約破棄を通告したので英国も方針を転換,以後交渉は対立,8月21日決裂。
→関連項目平沼騏一郎内閣

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ありたクレーギーかいだん【有田=クレーギー会談】

1939年7月に天津租界問題の解決のため,東京で開かれた日英会談。同年4月,天津のイギリス租界で親日派の中国人海関監督が暗殺される事件が起こった。日本側の容疑者引渡しの要求に対しイギリス総領事が物的証拠がないとして拒否したため,6月に入り陸軍は報復措置として天津のイギリス租界を封鎖した。陸軍はこの事件を利用して,イギリスの蔣介石援助政策の変更と〈東亜新秩序〉建設への協力を迫った。結局この問題は,東京で有田八郎外相とR.L.クレーギー駐日イギリス大使との会談によって解決がはかられることになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android