コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法幣 ほうへいFa-bi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法幣
ほうへい
Fa-bi

元来は日本語の法貨に相当する中国語であるが,一般には 1935年 11月の幣制改革から 48年8月まで蒋介石政権のもとで中国の法貨として発行された銀行券をさす。 33年以降,アメリカの銀買上げ政策により銀の国際価格が騰貴し,銀本位国であった中国から大量の銀が流出したため,34~35年の中国経済は深刻なデフレーションに見舞われ,破局的な不況に陥った。これに対し蒋政権は,35年 11月中国国民政府系の中央,中国,交通,中国農民の4銀行の発行する銀行券を法貨とする管理通貨制を採用し (のちにこれら4銀行券そのものが一般に法幣と呼ばれるようになった) ,経済の中央集権化を推進した。しかし日中戦争や国共間の内戦の戦費調達などによりこの法幣が乱発され,インフレーションが急速に進行したため,48年8月蒋政権によって再び幣制改革が行われ,新たに金円券が発行され旧来の法幣は 300万元=金円券1元の率で回収,整理されて,この法幣制度は終った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう‐へい〔ハフ‐〕【法幣】

《「法定貨幣」の略》法貨
1935年に中国国民政府が行った幣制改革において、銀貨に代えて通貨として発行された法定紙幣。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

法幣【ほうへい】

中国の法定貨幣国民政府が顧問リース・ロスの意見に基づき,1935年銀を国有とし,中央・中国・交通・中国農民の4銀行の銀行券を法幣に指定。他の貨幣は流通禁止。国府の経済的統一策の一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうへい【法幣 Fǎ bì】

中国で,1935年11月3日の幣制緊急令により通用することになった法定貨幣。それまでの雑多な貨幣流通は,この改革により,中央・中国・交通の3銀行(のち中国農民銀行が加わる)の発行する不換紙幣によって統一され,その価値は銀の国有化とイギリスポンドへの連結および銀売却によって維持された。のち増発により空前の価値下落をみ,48年8月19日に金円券にその地位をゆずった。【川井 悟】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほうへい【法幣】

中国国民政府の法定紙幣。1933年の廃両改元に続き、35年法幣を発行して金融の安定を図った。48年まで通用。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法幣
ほうへい

もともとは法定通貨を意味する中国語だが、とくに1935年に国民政府の幣制改革により銀本位制を廃止して、政府系の中央、中国、交通、中国農民の四銀行(42年からは中央銀行のみ)が発行した統一的な銀行券をさす。額面は最高が100元(1元=10角=100分)の紙幣、最低がニッケル貨の20分。旧来の通貨を回収して統一通貨とし、外貨とは最初はイギリス・ポンドにリンクしたが、すぐにアメリカ・ドルの支配下に入った。その後、貨幣価値が急速に下落し、とくに45年以降の暴落は著しく、48年には金円券に切り換えて役割を終えたが、これも翌49年の中華人民共和国の成立により人民幣にとってかわられた。[加藤祐三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の法幣の言及

【中華民国】より

…その面でとりわけ評価されるのが35年秋の幣制改革である。〈法幣〉とよばれる紙幣本位制(初めはポンドに,のちドルともリンクされた)の採用により貨幣金融の中央統制化に成功し,ここに近代的統一的幣制の確立をみたのである。またこの間における国際関係の改善にもみるべきものがあった。…

※「法幣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

法幣の関連情報