コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東亜新秩序 とうあしんちつじょ

4件 の用語解説(東亜新秩序の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東亜新秩序
とうあしんちつじょ

日本の大陸政策,中国侵略を正当化するためにつくり上げられたイデオロギー。 1938年 11月3日の近衛声明によって「東亜新秩序建設」が打ち出され,日満支3国の互助連環,共同防共,経済結合が唱えられたが,その実質は,日中戦争の長期化とイギリスアメリカ合衆国との対立の激化を背景として,欧米帝国主義および共産主義排撃の名のもとに,抗戦中国の切り崩しと日満支3国を通じる戦時経済統制の強化を目指すものであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうあ‐しんちつじょ【東亜新秩序】

日中戦争中の日本のアジア政策における標語。昭和13年(1938)第一次近衛内閣によって唱えられた。戦争の目的を日・満・華3国の結束と相互扶助防衛を実現するためのものとした。のち、大東亜共栄圏構想に発展。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とうあしんちつじょ【東亜新秩序】

日中戦争下における日本の中国侵略を合理化するためのイデオロギーとスローガン。東亜新秩序構想の萌芽は,〈帝国指導の下に日満支三国の提携共助〉の実現を決めた1933年10月21日の斎藤実内閣閣議決定にあった。それは満州事変勃発前後の〈日満ブロック〉構想を一歩進め,〈日満支ブロック〉の実現を国策として決定したものであり,36年8月7日の広田弘毅内閣下の5相会議決定〈国策の基準〉に受け継がれた。37年7月7日に勃発した日中戦争は,日本の予想に反して長期戦となり,38年1月16日近衛文麿首相は,〈爾後国民政府を対手とせず〉,日本は〈新興支那政権の成立発展を期待する〉との声明(第1次近衛声明)を発し,国民政府との和平交渉の道をみずから閉ざした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東亜新秩序
とうあしんちつじょ

日中戦争下に日本が唱えた日・満・華を軸とした自給的ブロック。その基本は、長期化する日中戦争を収拾するために第一次近衛文麿(このえふみまろ)内閣が1938年(昭和13)11月3日に発表した「東亜新秩序建設声明」にある。政治・経済・文化などにわたる日・満・華の互助連関の樹立を新秩序の根幹としたが、日本のアジア諸民族への侵略、支配を正当化するものであった。以後、南方進出の積極化に伴って拡大され、40年7月に第二次近衛内閣が発表した「基本国策要綱」に至っては、八紘一宇(はっこういちう)の精神に基づき、日・満・華を中心に南洋地域を包含した自給自足体制の確立という大東亜新経済秩序、大東亜共栄圏の主張にまで拡大された。[小林英夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東亜新秩序の関連キーワード石井=ランシング協定太平洋戦争日米交渉満州事変十五年戦争日支事変排日運動三光作戦侵略戦争《世界史における日本》

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東亜新秩序の関連情報