コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部良一 はっとりりょういち

6件 の用語解説(服部良一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

服部良一
はっとりりょういち

[生]1907.10.1. 大阪
[没]1993.1.30. 東京
作曲家。大阪市立実践商業に通いながら少年音楽隊に入隊。卒業後,のちの NHK大阪放送局が結成した大阪フィルハーモニック・オーケストラに入団,かたわら,ロシア人指揮者のエマヌエル・メッテルの指導を受ける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はっとり‐りょういち〔‐リヤウイチ〕【服部良一】

[1907~1993]作曲家。大阪の生まれ。アメリカ音楽の要素を取り入れた独自のスタイルにより、ブルース・青春歌謡など、生涯に3000曲以上を作曲。没後、国民栄誉賞受賞。代表作「別れのブルース」「東京ブギウギ」「青い山脈」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

服部良一【はっとりりょういち】

作曲家。大阪府生れ。大阪音楽学校中退。《別れのブルース》《湖畔の宿》《蘇州夜曲》《夜のプラットホーム《東京ブギウギ》青い山脈》《銀座カンカン娘》などを作曲。
→関連項目歌謡曲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部良一 はっとり-りょういち

1907-1993 昭和時代の作曲家。
明治40年10月1日生まれ。昭和11年コロムビアレコード専属となり,「別れのブルース」を発表。戦争中,軍歌はつくらず,「湖畔の宿」などが発売禁止となった。作品は「蘇州夜曲」「東京ブギウギ」「青い山脈」など3000曲をこえる。日本作曲家協会会長。国民栄誉賞。平成5年1月30日死去。85歳。大阪出身。大阪市立実践商業中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

はっとりりょういち【服部良一】

1907~1993) 作曲家。大阪府生まれ。ジャズを取り入れた日本のポップスを創始、多数のヒット曲を生む。代表作「別れのブルース」「東京ブギウギ」「青い山脈」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

服部良一
はっとりりょういち
(1907―1993)

作曲家。大阪府生まれ。大阪実践商業を卒業。在学中に大阪ミナミのうなぎ屋の出雲(いずも)屋少年音楽隊に入る。1926年(大正15)大阪放送のフィルハーモニックオーケストラに入団し、指揮者エマヌエル・メッテルから作曲理論と指揮法を学ぶ。また、カフェやダンスホールでバンドマンとしてジャズを演奏。1933年(昭和8)東京に出て、1936年日本コロムビアに専属作曲家として入社。淡谷のり子の吹き込んだ『別れのブルース』『雨のブルース』が大ヒット、続いて『湖畔の宿』『蘇州夜曲』もヒットした。反骨精神から軍歌をつくらず、『夜のプラットホーム』は退廃的と発売禁止になった。戦後は笠置(かさぎ)シヅ子の『東京ブギウギ』『買物ブギウギ』、さらに『銀座カンカン娘』『青い山脈』とヒットを連発した。作曲数は3000曲を超える。日本作曲家協会長、日本音楽著作権協会長を歴任。1993年(平成5)国民栄誉賞を受賞。著書に『ぼくの音楽人生』。平成5年1月30日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の服部良一の言及

【歌謡曲】より


[ジャズ歌謡]
 昭和に入ってまもなく,ビクター,コロムビア等外国のレコード会社が日本に進出し,ジャズ等ポピュラー音楽がどんどん輸入され,《君恋し》(時雨音羽作詞,佐々紅華作曲,1928)等ジャズのリズムをもった曲が作られるようになった。外国系リズムやフィーリングをもった伴奏の上に歌謡曲の旋律をのせてゆくスタイルを完成させたのは服部良一で,《別れのブルース》(藤浦洸作詞,1937)では,ブルースのブームをひきおこした。終戦後はアメリカからブギウギ,ロックンロール等新しいリズムが入るたびに,そのリズムを基調とする〈ポップス系歌謡曲〉が作られ,若者たちをとらえる一方,伝統的な演歌が中高年層をとらえるという二極化がはじまる。…

※「服部良一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

服部良一の関連キーワード阿部武雄清瀬保二佐々木俊一長谷川良夫平尾貴四男船村徹松島彜梁田貞米山正夫ファリャ:4つのスペイン小品/piano solo

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

服部良一の関連情報