コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝護孫子寺(読み)ちょうごそんしじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝護孫子寺
ちょうごそんしじ

奈良県平群町にある信貴山真言宗総本山。本尊は毘沙門天信貴山寺,信貴の毘沙門天とも呼ばれる。伝承によると,聖徳太子が物部氏討伐の際,毘沙門天が現れたことから建てられたとされている。鳥羽僧正覚猷の作と伝えられる平安末期の紙本著色『信貴山縁起絵巻』 (3巻) が国宝に指定されているほか,延長7 (937) 年の銘がある金銅鉢 (1口) などの重要文化財を伝える。朝護孫子寺霊宝館があり,寺宝を展示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょうごそんし‐じ〔テウゴソンシ‐〕【朝護孫子寺】

奈良県生駒郡平群(へぐり)町にある信貴山(しぎさん)真言宗の総本山。山号は信貴山、院号は歓喜院。聖徳太子の創建と伝え、延喜年間(901~923)命蓮が再興。「信貴山縁起絵巻」をはじめ多数の文化財を所蔵。信貴山寺毘沙門堂。信貴山。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

朝護孫子(ちょうごそんし)寺

奈良県生駒郡平群町(へぐりちょう)の信貴山中腹にある寺院。信貴山真言宗総本山。本尊は毘沙門天。国宝「信貴山縁起絵巻」を所蔵。聖徳太子が物部氏との戦いの際に戦勝を祈願した地と伝わる。境内には寺の守護神であるトラの像が多数見られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の朝護孫子寺の言及

【信貴山】より

…織田信忠軍の攻撃を受けて落城した城郭跡は,山頂から尾根,山腹にかけて壮大な遺構をとどめている。南の中腹にある朝護孫子(ちようごそんし)寺は,〈信貴の毘沙門さん〉と呼ばれ参詣者が多い。西の大阪府側からケーブルカーが通じ,信貴生駒スカイラインが走るため,観光客やハイキング客が多い。…

※「朝護孫子寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝護孫子寺の関連情報