コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮建築 ちょうせんけんちく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝鮮建築
ちょうせんけんちく

朝鮮の古代建築において,三国時代から統一新羅時代の木造建築はまったく残っておらず,現存遺例はいずれも高麗,李朝時代のものである。三国時代の建築については,高句麗古墳の壁画に描かれた建築図や寺院址,あるいは仏教関係の石造建築遺物などから類推するほかはない。古墳壁画にみる高句麗の建築は切妻,寄棟造で,柱と斗 栱 (ときょう) の架構方法には,大斗の斗じりに皿斗のあるものとないものの2種類があったらしく,人字形の蟇股 (かえるまた) なども用いていた。寺院址としては,平壌付近の元五里や清岩里廃寺址の一塔三金堂式伽藍が特徴的で,日本の飛鳥寺にみられる堂塔配置の起源ともいわれている。統一新羅時代の建築は,木造建築の架構を模した石造浮屠 (ふと) や,断片的な木造建築部材の発掘品などから解明されつつあるが,基本的には三国時代の建築様式を踏襲し,かつ唐代建築の影響を受けて形成されたらしい。古新羅時代に皇竜寺のような巨大な一塔一金堂式伽藍を造り上げた寺院建築も,唐代寺院建築の影響などで,二塔一金堂式の対称的な伽藍配置をとるようになり,木造双塔をもつ四天王寺や望徳寺などが建立された。高麗時代の建築の特徴は新羅のものを受継ぎながらも,宋代建築の影響を受けた柱心包様式 (天竺様) と,中国北東部の遼から元の建築様式を受継いだ多包様式 (詰組様) の2つの建築様式が併存することである。柱心包様式の例としては,朝鮮最古の木造建築である鳳停寺極楽殿浮石寺無量寿殿などがあり,多包様式の例としては心源寺普光殿などが知られている。李朝時代の建築も初期には上記の2様式が併存して行われたが,やがて部分的には両者の折衷を見,新たな朝鮮風建築を形成していく。しかし外観が華麗かつ雄壮となる多包様式は,宮殿,城郭,寺院などの主要建築に採用され,李朝中期以降の代表的な建築様式となった。多包様式にはソウル南大門 (李朝初期) ,華厳寺覚皇殿 (同中期) などがあり,柱心包様式には松広寺国師殿や無為寺極楽殿 (同初期) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝鮮建築の関連キーワード華厳寺[朝鮮]社寺建築構造

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android